ブログ

内股になってしまう原因とは?予防法と治療法を解説!

歩くときに無意識のうちに内股になっていて、靴底の減り方が左右不対象だったり、八の字や逆八の字になっていたりすることはありませんか?

内股はO脚やⅩ脚の原因になり、腰痛や関節の歪みの原因となるため、そのままにしておくことは危険です。

現在、内股歩きが原因で起こる腰痛に悩まされている方も少なくありません。

今回は内股歩きになってしまう原因や予防法とその治療法をご紹介します。

 

内股とは?

内股

内股とは、立ったり歩いたりしているときに、足のつま先が内側に向かってしまっていることです。

内股になると、歩くときに足の外側に負担がかかるため靴の内側がすり減る傾向にあります。

内股になる原因は、筋力不足による骨のねじれや、姿勢が悪くなっていることで起こり、内股になったまま放置しておくと腰痛やO脚、下半身太りの原因となります。

将来的に関節の痛みなどを引き起こす原因となるため、内股で悩んでいる人や、気になっている人は内股を矯正しましょう。

内股の原因

内股の原因として挙げられるのが、姿勢の悪さや筋肉不足です。

 

大腿骨内旋

内股の原因としてまず挙げられるのが、大腿骨内旋と呼ばれる大腿骨のねじれです。

大腿骨とは、太腿の付け根の方にある骨のことを指します。

この骨が内側にねじれてしまうと、それに伴ってひざも内側に向いてしまい、内股になってしまいます。

この大腿骨内旋は主に筋力の低下や筋力不足によって起こります。

 

脛骨内捻転

脛骨内捻転は、脛骨と呼ばれるひざから脛までの骨が内側に向かってしまうことです。

この脛骨内捻転で特徴的なのが、ひざはまっすぐ前を向いているにも関わらず、脛骨が内側に向いてしまっているということです。

これは、大腿骨内旋と同じように筋力の低下や筋力不足、更には姿勢が悪くなっていることで引き起こされます。

 

中足骨内転

中足骨内転は、足が内側に向いてしまっていることをいいます。

これは姿勢の悪さからくることが多く、内股を治すためには姿勢を矯正する必要があります。

また、姿勢の悪さの他にも先天性のものもあるため、足が内側に向いている乳児などの場合には、早期に治療を受けましょう。

中足骨内転は、矯正が早ければ問題なく内股を治すことができます。

 

内股によって生じる症状

脚

内股になると、それに伴って歩く場合にも足の向きが内側に向いてしまっている内股歩きの状態になります。

このような内股歩きを続けると骨盤を歪める原因となるため、スタイルが崩れ、腿の外側が張ってしまって筋肉がついてしまうなど、下半身太りの原因になります。

内股歩きをしていると、足の外側ばかりに力が加わるため、歩くときなどにかかとやお尻に力を入れることができず、お尻の筋肉の低下を引き起こします。

さらに、内股歩きを続けていると、それに伴い反り腰を引き起こしてしまい、腰痛やひざ痛を引き起こしてしまうのです。

股関節などの関節にも負担がかかり、血管を圧迫し血行を悪くします。

こうして血行不良になると、冷え性などを引き起こし足がむくみます。

内股歩きは、偏った体重のかけ方になるため、将来的には関節痛を引き起こすなど、内股を放っておくとさまざまな障害を引き起こすのです。

靴の内側ばかりがすり減っていたり、腰痛やひざ痛など内股による症状がみられたり、内股歩きをしていると感じたら、放っておかずに内股の矯正を行うなどの対策を行いましょう。

 

内股の予防法

内股を引き越してしまう原因は、筋力の低下などの筋力不足や、姿勢が悪くなってしまっていることが挙げられます。

そのため、内股を予防するためには、筋力をアップさせ、正しい姿勢をするように心がけることが大切です。

まず、内股を予防するためには筋肉トレーニングなどを行って筋力をつけましょう。

 

そうすることで、大腿骨のねじれが起きにくくなり、内股を予防することができます。

また、姿勢を正しくすることも効果的です。

座っているときでも正しい姿勢であぐらをかくことで、内股になってしまうことを予防することができます。

 

座っているときには、骨盤を起こすようなイメージで10分程度ずつ足を入れ替えながら背筋をまっすぐにしてあぐらをかきましょう。

そうすることで骨盤が正しい位置に戻り、内股を予防することができます。

また、歩くときには足をつくときにかかとから着地をするイメージで、つま先で地面をけり上げるように歩きましょう。

 

このとき、ひざはしっかりと上に持ち上げ、すり足などにならないように注意をしましょう。

一本の線の上を歩くようなイメージで歩くことで自然と正しい歩き方に近づけることができます。

また、内股はひざが内側に向いてしまっていることが多いため、ひざが内側にならないよう、しっかりと正面を向けて歩くように意識しましょう。

このように、普段の座り方や歩き方でも内股になることを防ぐことができます。

 

内股の治療について

内股治療

内股などの歩き方が常態化してしまうと、なかなか自分で治すことは難しいです。

その場合には、整骨院などで骨盤などを矯正してもらうことで内股を矯正することができます。

 

整体院などでは、一般的に骨盤などの歪みを治すことで内股の治療を行います。

カイロプラクティックなどを行い、骨盤の調整や、股関節の開き具合の調整などを少なくとも1~2回、多くても5回程度行うことで正しい位置に骨盤を戻すことができます。

また、内股の筋力をアップさせるためのトレーニングを教えてくれる場合もあります。

このトレーニングは、ワイドスクワットと呼ばれるもので、10回を1セットとして1日に3回程度行うことで、内股の筋肉が鍛えられて、内股を改善することができます。

内股を治すためには、自分でできるこのようなトレーニングの他に、整体院などで骨盤矯正や股関節の矯正などを行うことが大切です。

内股の改善の効果がみられるようになりますし、内股で困っている、悩んでいる場合には、一度整体院などを受診し、内股の原因を探って矯正していくことが必要です。

 

内股の治療法

慢性的な腰痛や、なかなか治らないO脚やX脚などで悩んでいませんか?

熊本市の藤川整骨院&整体研究所では当院独自の治療法で、一人一人に合わせながら根本的な改善治療を行っています。

 

内股が原因で起こる腰痛やひざ痛、冷え性や足のむくみにお悩みの方は内股の矯正をおすすめします。

また、痛みのある部分になるべく負担をかけずに動かせるようなストレッチもご提案します。

藤川整骨院では、骨盤矯正と、ラジオ波や筋膜リリースを用いて筋膜の癒着の改善を行います。

アンバランスだった筋肉を整えることでより骨盤がねじれにくく安定しやすいような施術も行います。

当院では痛くなりにくい動作や、ストレッチなど日常生活の動きを気つけながら自分で改善できるように治療します。

内股にお悩みの方はぜひご相談ください。

トップに戻る
リストから選択して電話発信
藤川整骨院
096-227-3715
整体研究所
096-223-6188
閉じる