ブログ

体の不調は姿勢が原因かも!?自律神経失調症の改善と治療について

「なんとなく体が重い、疲れやすい、動機や息苦しい感じがする。」

「でも風邪や高熱があるわけでもない。」

そんな原因不明の体の不調は、長時間続く悪い姿勢による自律神経の乱れが原因かもしれません。

姿勢を直そうと意識していても仕事で忙しくなったり心に余裕がなくなったりすると、つい普段の姿勢に戻ってしまうもの。より自然に姿勢を矯正する方法はないのでしょうか。

今回は、そんな姿勢に悩む人に向けて自律神経の役割や自律神経失調時の症状、その改善策などについて紹介していきます。

体調に大きく左右する自律神経とは?

骨

自律神経とは、全身の機能を調整しており、人間が生きていくうえで欠かすことのできない神経群です。

自分の意志とは関係なく働き、呼吸や血液循環、食べ物の消化や排せつなどを支援しています。そのため、自律神経が関係する器官は多岐におよび、脳神経や呼吸・循環器、消化器官や皮膚、運動器、泌尿・生殖器、精神症状にいたるまで幅広く影響をもたらしています。

そんな自律神経には主に「交感神経」「副交感神経」があります。

交感神経は、体を興奮状態や活発な状態にするための神経で、仕事やスポーツなど高い緊張状態に置かれた状況で活発となります。

副交感神経は、睡眠や食事、入浴や休息など体をリラックスさせるために使われる神経となっています。

通常はバランスよく切り替わる2つの神経も、長時間悪い姿勢でいることによって体や神経に不自然な負担がかかり体調を崩してしまうことがあります。

自律神経の乱れは全身の症状となってあらわれ、併発することでさまざまな病を引き起こす原因となります。

 

姿勢が悪いとなぜ自律神経の乱れが起きるの?

悩む女性

自律神経は、脳の下垂体と呼ばれる器官でホルモン分泌を制御することによって正常な働きを保っています。

しかし、「猫背」「スマホ首」など長時間悪い姿勢でいた場合、脳への血流が阻害され正常な働きを維持することが困難となってしまいます。

 

猫背の場合には、背中が丸まり、肺が縮こまったような姿勢となることから呼吸が浅く早くなりやすくなります。また椅子に座っている場合には、背中の曲がっている部分など一部に不自然かつ強い負担がかかり続けることになり、浅い呼吸と相まって血流不足を悪化させてしまいます。

スマホ首の場合にも、長時間にわたって首や肩の筋肉が硬直しやすく、目を酷使することもあって血流不足だけでなく肩こりや眼精疲労による頭痛・吐き気などの原因にもなってしまいます。また、立っているときや歩いているときの姿勢も重要です。

常にうつむき加減でつい足元ばかり見てしまう前傾姿勢の多い人や、片足に重心が乗っていることが多い人など普段の何気ない姿勢の悪さも長時間続くと要注意です。

このように、体にとって不自然な姿勢を長い間取り続けていた場合には身体的症状のほか精神的症状まで被害が及ぶことがあります。

「日頃から姿勢を正す」「腹式呼吸を心がける」「パソコンやスマートフォンの使用時間には制限を設け適度に休憩を取る」といった意識が大切です。

 

自律神経が乱れていることで起こる症状

自律神経が乱れることによって、私たちの体には身体的症状、心理的症状となって不調があらわれることにつながります。

悪い姿勢によって起こる血流障害によって「手足のしびれ」「冷え症」「脱力感」「肩こり」「首の痛み」「関節痛」などが起こります。また血流不足による自律神経の乱れは、交感神経と副交感神経の正常なバランスを阻害します。

そこで、仕事やスポーツ時など体や心が高い緊張状態にあるような状態を引き起こす交感神経ばかりが働いてしまったらどうなるでしょうか。

本来であれば、眠る時間である夜になっても目が覚めて眠れないといった不眠症、神経過敏になることで引き起こされる不安や緊張によるメンタル障害などを引き起こす恐れがあります。不眠は、仕事中の眠気など集中力の低下につながり職場でのミスの増加などによる新たなストレスを引き起こしてしまいます。

それが長時間続けば、疲れが取れないことによる「全身の倦怠感」「耳鳴り」「動機や息苦しい感じがする」「頭痛」「吐き気」「めまい」「ふらつき」などをも誘発してしまいます。

これらの症状に悩まされることによって、次第に無気力やネガティブなうつ的思考など精神的な症状を併発してしまう恐れもあります。

ほかにも、全身の機能を支援している自律神経ですからバランスが乱れた場合には、「便秘」「下痢」「排尿の障害」「皮膚のかゆみ」「胃の痛み」などとしても症状があらわれることがあります。

長らく原因不明に悩まされてきた心身の不調も自律神経の失調が原因だったという可能性も十分にあると言えるでしょう。

姿勢を良くして自律神経の乱れを改善するなら整骨院で治療しよう

背骨

悪い姿勢を改善しようと努力しても、「癖」になってしまっている場合には、意識して改善しようにも自分だけではなかなか治らないとお悩みの方もいるでしょう。

そこで自律神経を整えるためには、整骨院を利用するのも効果的です。

整骨院では、頸部から背骨、骨盤にかけて調整する整体治療、猫背・姿勢矯正施術などが受けられます。これらの整体治療のほかにも、ストレッチや必要となる部位への筋力トレーニング方法を指導されるケースもあります。

また整骨院によっては、姿勢を矯正する整体治療のほか、交感神経の過剰な働きを抑制する近赤外線レーザー治療や副交感神経の働きを増長させる加熱療法などが行われています。

このように姿勢改善治療とともに、交感神経や副交感神経への直接的なアプローチによって、より早期に症状を和らげる効果が期待できます。

まとめ

姿勢が悪いと自律神経が乱れ、体の不調の原因につながってしまいます。しかし、姿勢を正そうと意識をしても、生活習慣や癖があるので自分ではなかなか改善することが難しい場合があるでしょう。

藤川整骨院では、姿勢の改善に向けて骨盤矯正や骨ストレッチ、メディセルハイブリッドや近赤外線レーザー療法など、さまざまな方法で治療を行うことができます。

熊本県内で姿勢が悪いことが原因で自律神経の乱れにお悩みの方は、ぜひ藤川整骨院までお越しください。

トップに戻る
リストから選択して電話発信
藤川整骨院
096-227-3715
整体研究所
096-223-6188
閉じる