肋間神経痛

胸部から背中にかけての個所で発作的な激しい痛みを生じる場合は、肋間神経痛の可能性があります。

痛みが激しいと呼吸をするのも容易ではないうえに、姿勢を変えたり寝返りを打ったりするだけでも痛みに悩まされるものです。

神経痛には関連する神経の部位によっていろいろな種類がありますが、その中でも肋間神経痛は特に発生頻度が高いといわれています。

さまざまな原因によって生じる肋間神経痛の痛みにはどのような特徴があるのか、予防方法や治療方法と合わせて解説します。

肋間神経痛とは?

肋間神経痛

身体の痛みはその個所で何か異常が起きていることを知らせてくれる重要なサインですが、痛みを脳に伝える神経そのものが刺激されることでも痛みを感じるものです。

そうした痛みを総称して神経痛と呼んでおり、肋間神経痛の他にも三叉神経痛や坐骨神経痛など多くの種類があります。

このうち肋間神経痛は肋骨の間を走っている左右12対の神経に沿って生じる神経痛で、痛みが発生する原因がはっきりしない例も少なくありません。

そのため医療機関では肋間神経痛を正式な病名として扱わず、自律神経失調症などと同様に症状を表すための診断名として便宜的に使われている用語です。

肋間神経痛の原因

肋間神経痛は肋骨の間を走っている神経が何らかの原因で刺激されることで生じる発作的な痛みですが、その原因にはいろいろな病気が考えられます。

脊椎に関連する病気では変形性脊椎症や椎間板ヘルニア・脊椎すべり症に加え、稀なケースでは脊椎分離症や脊髄腫瘍も肋間神経痛の原因として数えられます。

脊椎圧迫骨折や肋骨骨折といった外傷が原因となっているケースも少なくありません。

ウイルスへの感染が原因で肋間神経痛が生じる例としては、帯状疱疹とその後遺症が代表的な例です。

胸膜炎や胸膜腫瘍といった胸膜の病気が原因となっているケースに加え、肺炎・肺がんなどの肺疾患や狭心症に代表される心疾患の関連痛として肋間神経痛を生じる場合もあります。

以上は何らかの疾病や外傷を原因とする症候性肋間神経痛の例ですが、そういった明確な原因が特定できない特発性肋間神経痛に悩まされている人も多いものです。

猫背などで姿勢が悪い人は背骨の歪みによって肋間神経が圧迫されるため、特別な病気や外傷がなくても神経痛の症状が発生しやすくなるのです。

 

肋間神経痛はどのような痛み?症状について

ポイント女性

胸部や背中が痛いという場合は内臓の病気を疑う必要もありますが、神経痛の痛みはそうした内臓の病気に伴う痛みとは性質が異なるものです。

内臓が病気に罹った場合は鈍い痛みや重い痛みから始まることが多く、病状が進行して痛みが激しくなった場合でもたいていは持続的な疼痛として認識されます。

肋間神経痛のような神経痛は鋭く激しい痛みが突然発生し、痛みの持続時間は数秒から長くても数分程度と短いのが特徴です。

そうした発作的な痛みをたびたび繰り返す再発性に加え、右か左の片側だけで肋骨に沿った痛みを生じるのが肋間神経痛に特有の症状で、両側同時に痛むということはほとんどありません。

痛みの起きた個所を指で押すと痛みが再現されたり、反対側に体を曲げて肋骨を伸ばすようにすると痛みが生じたりする場合も肋間神経痛が疑われます。

深呼吸や咳をすると激しい痛みが起きる場合や大声を出すと痛みが出るという症状は肋骨骨折にも共通しますが、肋間神経痛の場合は肋骨そのものに異常がなくても同じような激痛が起きるのです。

 

肋間神経痛の予防法

読書女性

肋間神経痛で多いのは、帯状疱疹の後遺症と思われる症状ではないでしょうか ?
子供の頃に水ぼうそうに罹ったことがある人は帯状疱疹ウイルスを保有しており、免疫力が低下すると帯状疱疹を発症して皮膚の発疹とともに強い神経痛が生じます。

明確な原因が不明とされるタイプの肋間神経痛でも、体の歪みが症状につながっているという例は少なくないものです。

日頃から猫背気味で姿勢が悪い人は背骨の歪みが肋間神経痛の原因となっていることも考えられますので、そのようなタイプの神経痛を予防するには姿勢の矯正が欠かせません。

極端な前かがみの姿勢だけでなく、背筋を伸ばそうとする意識が強すぎるために体を反らしすぎる姿勢も肋骨に大きな負担をかけてしまいます。

肋骨を含む胸郭が固まりとにかく動きが悪いと思います。肋骨を柔軟に!と考えた事がありますか?
胸郭(肋骨を含む)は大事な臓器が入っている場所です、その入れ物がカチカチだったら姿勢や呼吸、自律神経や首や腰への負担や体の動きに大きな影響を与えます。本当に大事な所です。

肋骨に最も負担をかけない姿勢というのは、立っている場合では頭のてっぺんからくるぶしまでが一直線となる状態です。それは踵重心の姿勢なのです。

あごを引いて肩の力を抜き、踵に重心が乗るイメージで体に良い姿勢を心がけることが肋間神経痛の予防にもつながります。

脊椎の病気や外傷を原因とする肋間神経痛は加齢や激しい運動の影響が考えられますので、過度の運動を避けながらも適度な運動で筋力低下を防ぐことも1つの予防方法です。

このようなタイプの肋間神経痛を予防するには、睡眠不足や不規則な生活習慣を改善してストレスを避けることが欠かせません。

 

肋間神経痛の施術について

肋間神経痛の治療方法には痛みを和らげることを目的とする治療の他にも、痛みの原因を取り除く治療や原因となっている病気そのものの治療があります。

症状の程度が比較的軽い場合は休養と安静を基本として患部を冷やさないようにする安静保護療法を行いつつ、必要に応じて薬物療法や理学療法が施されます。

解熱鎮痛薬や非ステロイド抗炎症薬の他、ビタミン剤や血管拡張薬・筋弛緩薬などが肋間神経痛の薬物療法で使われている主な薬です。

理学療法には赤外線照射や入浴などの温熱療法に加え、コルセットの装着や牽引療法などが挙げられます。

痛みがひどい症例や原因がはっきりしないタイプの肋間神経痛には、局所麻酔薬またはステロイド剤を神経に注射する神経ブロックも治療選択肢の1つです。

椎間板ヘルニアや脊髄腫瘍などが原因で肋間神経痛が生じているケースでは、患者の同意を得て手術が選択されることもあります。

肋間神経痛は筋筋膜の硬結や癒着や、体の歪みが原因となっている例も多く、この場合は筋肉や筋膜、体の歪みを改善させる施術が有効と思います。

その痛みに対して鍼灸治療や整体・マッサージの他、様々な考え方、施術法が存在しています。

 

肋間神経痛にお悩みなら藤川整体研究所へ

しかし病院の投薬や治療を受けてもなかなか改善しない方も多くいらっしゃると思います。

藤川整体研究所では肋間神経痛の痛みも「筋筋膜性疼痛症候群」「筋筋膜性疼痛」と考え、ラジオ波温熱療法(ウインバック・スティムオン)・メディセルハイブリッド筋膜療法・近赤外線光線療法(スーパーライザーPX)+各種手技療法を駆使して施術を行っています。

ラジオ波とは、日本語で「高周波」と呼ばれていて、レントゲンなどで使用されているエッエックス線や、携帯電話などで使用されている電磁波と同じグループの波です。

ラジオ波は筋肉・脂肪層まで届くといわれ、ラジオ波を当てることで体内の細胞・水分や脂肪分子を振動させて摩擦熱で体を温めます。

体の中から温度を上げることで代謝が改善されて体の深いコリや頑固な筋肉の緊張を取り除くことができます。

また、その他にも、さまざまな方法を用いて身体のメンテナンスを行います。

治療法の内容は、三軸修正法・骨ストレッチ療法・メディセルハイブリッド(筋膜リリース吸引法+EMS)・レーザー療法・骨格トレーニング・ひもトレ・身体の使い方・バランスや機能UPテーピング療法・操気療法など多岐にわたります

これらの施術を駆使して肋間神経痛の原因となる、筋筋膜の拘縮や癒着、又、体の歪みを改善させる施術を行っています。

熊本の藤川整体研究所では、肋間神経痛についてのご相談やお問い合わせは随時受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。

トップに戻る
リストから選択して電話発信
藤川整骨院
096-227-3715
整体研究所
096-223-6188
閉じる