ブログ

温活、腸活の共通点と効果

温活と腸活という言葉を耳にしたことはありますか?温活は身体を温め免疫力を上げる活動のことで、腸活は善玉菌を増やし、腸内環境を改善して健康向上を目指すことです。

温活と腸活は同時に行うことが理想的で、併せて行うことで相乗効果を発揮します。

今回、温活と腸活の共通点と効果をまとめました。どちらも難しいことはありませんので、できることから始めてみましょう。

 

今話題の「温活」「腸活」とは?

温活

温活とは、身体を内側から温め基礎代謝を高めることです。

腸活とは、善玉菌を増やし、善玉菌が機能しやすい腸内環境にしていくことです。

温活と腸活の共通点は、身体が本来持っている機能を取り戻してさまざまな体調不良を改善することができることです。

 

これらは同時に行うことがもっとも効果的で、温活によって身体が温まり血の巡りが良い状態で腸活を行うと、内臓が本来持っているデトックス機能を取り戻すことができます。

デトックス機能を取り戻すことは、免疫力が上がることでもあり、風邪をひきにくくなったり疲れにくくなったりする効果があります。

 

冷えは身体の不調を引き起こす要因となります。そこで温活によって冷えを改善することで、まず身体の不調を和らげ免疫力を上げます。そして腸活によって不要物を排出できる腸の状態にしていくのです。

 

温活の効果とは?

温活は冷え性の改善、ダイエット効果、便秘の改善、免疫力アップなどの効果が期待できます。冷えは万病のもとともいわれ、そのままにしておくと免疫力が下がり感染症にかかりやすくなってしまうので注意が必要です。

 

冷え性の改善

温活で身体を温めることで体内の血を巡らせる力を取り戻して、冷え性を改善していくことができます。血行を良くすることで、頭痛や肩こりといった体調不良の改善にもつながります。身体の内部から温めることが、頭部や手足などの末端冷え性なども改善できます。

女性の場合はPMS(月経前症候群)改善にも効果的です。冷えの改善は温活の基礎ともいえるでしょう。

 

 

不眠改善

温活によって不眠の改善も期待できます。不眠の原因は自律神経の乱れにあり、温活をすることで身体の血行を良くし、頭部に血が巡りやすくなります。そうすることで、自律神経を整えてよく眠れるようになるのです。

自律神経の乱れが改善されると精神的にも安定するのでストレスの緩和にも効果が期待できます。

 

ダイエット効果

温活ではダイエット効果も期待できます。身体が冷えていると汗をかきにくくなり、代謝機能が低下して太りやすい体質になります。しかし、温活で身体を温めることで、代謝の良い痩せやすい身体にすることができます。

なぜ痩せるのかというと、身体が冷えると、自律神経が乱れるため暴飲暴食をしやすくなり、腸の働きが冷えによって衰えるため消化できず便秘や下痢などの不調になりやすくなります。しかしこれを温活によって解消することでお通じが良くなり、ダイエット効果が期待できるのです。

温活ではダイエット効果も期待できます。身体が冷えていると汗をかきにくくなり、代謝機能が低下して太りやすい体質になります。しかし、温活で身体を温めることで、代謝の良い痩せやすい身体にすることができます。

なぜ痩せるのかというと、身体が冷えると、自律神経が乱れるため暴飲暴食をしやすくなり、腸の働きが冷えによって衰えるため消化できず便秘や下痢などの不調になりやすくなります。しかしこれを温活によって解消することでお通じが良くなり、ダイエット効果が期待できるのです。

 

腸活の効果とは?

腸活

腸活とは腸内の環境を整えて善玉菌を増やしていくことで、腸の機能を良くすることす。腸の機能が回復すると身体に必要な栄養分の吸収や、老廃物の排出、免疫の調整、ホルモンバランスの調整などがスムーズに行われるようになります。その結果として便秘の改善や肌荒れ改善などの効果が期待できます。

 

便秘の改善

腸内の環境を整えて善玉菌を増やすことで、腸のぜん動運動を活発化させ、便通を良くすることができます。

腸が冷えると血流等が滞ることで腸の動きが悪くなり、便秘になりやすくなります。便秘によって栄養の吸収が悪くなると栄養がきちんと使われなくなり、身体は必要以上に栄養を摂ってしまい、それが原因で皮下脂肪や内臓脂肪を付きやすくします。腸の動きが悪くなると代謝も低下してしまうので、それも太りやすい体質の原因となります。

腸活によって善玉菌が増えると、腸内環境が改善され便秘の解消が期待できます。

 

肌荒れの改善

腸が冷えると、腸内環境が悪化して悪玉菌が増えてしまい有害物質が発生します。すると、血液中に有害物質が蔓延し全身を巡り、ニキビや吹き出物といった肌荒れの原因となります。腸活によって善玉菌を増やしお通じを良くしデトックス機能が改善されると、身体の中から不要物などの毒素が排出されるため、美肌効果が期待できます。

 

 

温活と腸活は何をすれば良いの?

サラダ

温活と腸活の効果はわかったけれども具体的に何をしたら良いの?と思われる方も多いでしょう。いくつか方法がある中で代表的なものをまとめました。できるところから始めてみることをおすすめします。

 

食生活の改善

動物性たんぱく質や脂肪分の多い食生活は、腸内の悪玉菌の増殖や、腸の働きを低下させてしまいます。高カロリーな食事はできるだけ食物繊維を摂るように意識してみましょう。

 

 

意識して水分を摂る

水分不足は便秘の原因になります。水分不足になると身体は便からも水分を吸収するため便が硬くなり、腸から出にくくなってしまうのです。カフェインが含まれるコーヒーや緑茶、紅茶などからではなく天然水から水分を摂取するようにしましょう。

 

 

適度な運動

運動不足によって腹筋が衰えると、便を出すための力も低下してしまいます。ウォーキングやストレッチなど軽い運動でかまわないのでこまめに身体を動かすようにしましょう。

 

入浴で身体を温める

シャワーではなく、ゆっくり湯銭に浸かって身体を芯から温めることが大切です。入浴は、質の良い睡眠やリラックス効果だけでなく、腸の働きを整える効果も期待できるといわれています。

 

 

朝食を毎日食べる

起床後に胃の中に食物が入ると大腸が活発に動き出し、便が直腸に運ばれて排泄されるようになるといわれています。朝食を摂るのが難しい場合でも、バナナや野菜ジュースを飲むだけでも良いので、腸に刺激を与えるようにしましょう。

 

 

整体院での温活方法って?

整体院での温活は、一般的に血行やリンパの流れを改善することで行われます。

体調不良のもとになっている身体の歪みを整体マッサージでほぐして矯正することで、血行やリンパの流れを良くします。全身の血の巡りや老廃物の排出がスムーズになり、冷えていた身体を内側から温めることができるようにしています。身体のこりや冷え性といった不調を改善することができるのです。施術後は、身体の重さやこりがなくなりすっきりした状態になります。

 

整体院での腸活方法って?

一般的に、ストレッチやお腹にマッサージを加えることによって腸に刺激を与えて活性化させ、腸内環境を整えることで行われます。機能が低下してしまった腸にストレッチでの運動や整体マッサージによる刺激を送り込むことで腸の運動を促し、腸の働きを良くすることができます。腸内の環境が良くなっていくことで、善玉菌が増えて免疫の状態やホルモンバランスの状態も高めていくことができます。

お灸によってツボを刺激するという方法も一般的に行われています。腸の働きに作用するツボや、血行を良くするツボをお灸を使ってじっくりと激することで、身体の内部から改善していくことができます。

 

 

まとめ

藤川整体研究所では温活と腸活を一度に行うことができます。身体を温めながら腸活を行うことで身体の不調を根本的に改善していくことができます。免疫力を高め病気にかかりにくい身体にしていきましょう。

トップに戻る
リストから選択して電話発信
藤川整骨院
096-227-3715
整体研究所
096-223-6188
閉じる