ブログ

むくみを解決する方法とは

むくみ

身体のむくみを解決するため、整体、マッサージ、サロンに通おうと思っている方は、整体ではどのよう施術内容か、予防するのかが気になりますよね。まさか整体でむくみと思われる方も多いと思いますが、むくみと健康とは「美療」と言うワードで深く深く繋がっています。

せっかく整体に行くのなら効果的な施術を行っている整体院を選びたいものです。

そこでこの記事では、整体院でのむくみの治し方やむくみの予防法について紹介していきます。

 

むくみとは?

むくみとは、別名「浮腫(ふしゅ)」ともよばれ、体内に老廃物や余分な水分が溜まり排出されない状態のことをいいます。

身体は血管系とリンパ管系の二種類の血管で体液を体中で循環させ、栄養分を送り届けています。

しかし血管やリンパ管の流れが悪くなってしまうと代謝が低下し、老廃物が溜まってしまいます。

そのため不要になった水分や老廃物が末端に溜まり身体がむくんでしまうのです。

 

また一度むくんでしまうと以下の悪循環に陥ってしまうことがあります。

「身体が重くなる」・「血管が圧迫される」・「老廃物が排出されづらくなる」・「さらにむくむ」

このため放っておくとさらに悪化し、多くの人が悩まされている症状です。

 

むくみが起こる原因

むくみ

むくみは高齢や病気によってリンパ機能が低下した人に発生することが多いです。

しかし、健康な人であっても同じ姿勢で長くいることや、食生活によって血行不良、リンパ液の停滞因を起こし、むくんでしまうことがあります。

ここではむくみの原因をいくつか挙げていきます。もし自分に当てはまる項目があれば改善が必要かもしれません。

仕事の姿勢

むくみの原因でよくいわれているのは、立ち仕事やオフィスワークなど長い時間同じ姿勢でい続けることです。

特に足首を動かせないヒールを履いた状態で足を動かさずにいると、血液中の水分が皮膚の下に出てきてしまいむくみが発生しやすくなります。

 

水分過不足

むくみは身体の末端に水や老廃物が溜まって引き起こす症状と前述しました。

しかしむくみ対策のために水分を控える生活をすると、身体は水分を蓄えようするため、かえって身体が水を貯蓄するようになってしまいます。

また、逆に飲み過ぎてもむくみの原因となるので一日の適量といわれる2~3リットル程度を目安にして水分補給をこころがけましょう。

 

 

運動不足

むくみの原因の一つには運動不足も挙げられます。

手や足といった身体の末端の体液を循環させるには、筋肉の力が必要になっています。

運動不足で筋肉の力が衰えていると、手や足先の血行が悪くなってしまい、老廃物や水分が溜まりやすくなってむくみの原因となります。

 

 

むくみが原因で起こる症状

むくみには水ぶくれといったすこし太って見えるといった症状の他に、目に見えない症状があります。

ここではむくみが原因となって起こる症状を紹介していきます。

 

 

手足が重くなる

手や足といった身体の部位がむくんでしまうと、患部に重さを感じるようになり、疲れやすくなってしまいます。

またむくみは血行の流れが悪くなることで起きる症状のため、冷えや感覚の鈍さといった症状も同時に現れることがあります。

 

頭痛、めまい

顔がむくんでしまった際は顔の皮膚の下に不要物が溜まってしまい、腫れ上がったような状態になります。

頭部の血の循環が悪くなってしまうため、頭痛やめまいがするといった症状も起こることがあります。

 

呼吸器系のトラブル

むくみには呼吸をするのが苦しかったり、運動をすると息苦しくなったりといった症状があります。

これらは胸や肺の中に水分が溜まってしまい、呼吸に関する器官に問題が生じ起こる症状となります。

呼吸困難に陥る恐れもある危険な症状なので、医師に相談してなるべくはやく余計な水分を排出する必要がありますので注意が必要です。

 

 

むくみの予防法

ストレッチ

むくみは日常生活の中である程度予防することができます。

ここではむくみを予防するための方法をいくつかの方法を紹介していきます。

 

作業の合間にストレッチをする

もっとも日常の中で簡単な予防法としては、作業の合間や休み時間を使ってストレッチをすることです。

立ち仕事やオフィスワークでの仕事中に足がむくんでくる人におすすめです。

軽く膝の屈伸運動をして、ふくらはぎの筋肉をほぐしてあげましょう。

膝から下のむくみを予防するのに効果的です。

 

防寒・温熱グッズを利用する

身体は冷えによって部位の血行の流れが悪くなります。

結構の流れが悪くなるとむくみを起こすことがあるので、ストッキングや靴下といった防寒着や、カイロなどの温熱グッズを利用して身体を保温することを心がけておくとよいでしょう。

 

お湯にゆっくりつかる

むくみが気になる人はシャワーだけでなくお湯につかることを習慣にしましょう。

入浴には、こわばった筋肉をほぐすのと同時に、血液やリンパ液の流れを良くする効果があり、老廃物の排出の助けにもなります。

そのため入浴時にきちんと浴槽につかってリラックスする時間を確保しましょう。

 

むくみの施術法について

整体院やマッサージ店、サロンなどでは様々な手法で効果的なむくみ施術を行っていると思いますが、施術方法は院によってさまざまで、一般的には以下の方法を用いて治療します。

マッサージ(リンパ)施術

マッサージによって姿勢を矯正して、凝り固まっている筋肉をほぐします。

筋肉がほぐれることで、むくみの原因となる血液やリンパ液の循環を改善し、体内に溜まった老廃物など不要なものをスムーズに排出できるようになります。

 

針・お灸治療

針やお灸で時間をかけて冷えを解消するためのツボを刺激する治療方法があります。

身体が温まるようになると血行やリンパの流れを改善されるため、むくんだ部位に溜まっている不要物の排出が促進されてむくみを解消できるのです。

 

空気圧マシン治療

空気圧を利用したマシンを使ったマッサージでむくんだ部位を治療する方法があります。

空気の力で腕や足のむくんだ部位に継続的に温めながら刺激を送り込むことで、効率的に血液やリンパ液の循環を改善することができ、むくみを解消することができます。

 

むくみ施術なら藤川整体研究所へどうぞ

むくみは生活の中である程度予防することができますが、一度悪循環に陥ってしまうとセルフケアでは改善が難しい場合があります。

当整体研究所では効果的な施術を試行錯誤しながら行っています、むくみの施術前と施術後ですぐに効果を見ることができます。

また藤川整体研究所のむくみ施術ではラジオ波(ウインバック)メディセル筋膜吸引リリース法やマッサージ手技を合わせながら効率的に施術を行っています。「マッサージ+最新機器」

むくみの治療では皮膚や筋肉・筋膜を緩め、血液やリンパが流れやすくし循環と代謝をよくてあげることが重要です。

しかしその点で重要な筋膜をリリースする作業は面積が広く時間もかかるので、手で行うことは難しく、また痛みが強く伴います。

本院では医療機器とマッサージ手技を同時に使いながらリリースする方法で効率のいい優れた施術を行っています。

また女性の方に人気なEMSハイブリッドを使った施術も行っているため、あわせてご利用いただくと足やせ、美脚効果も期待できます。

他にも気になることや身体のメンテナンスについてのお問合せも受け付けております。いつでもご気軽にご相談ください。

トップに戻る
リストから選択して電話発信
藤川整骨院
096-227-3715
整体研究所
096-223-6188
閉じる