ブログ

筋肉痛の新常識!つらい筋肉の治し方

体を動かした翌日以降に筋肉痛が起こると、日常生活を送ることもつらく感じます。

ひどいときは、1人で歩くのも難しいこともあるでしょう。

そんな筋肉痛ですが、筋肉痛の仕組みを知っておくだけで、筋肉痛を早く和らげることができます。

筋肉痛の原因や症状、治療法について解説していきます。

筋肉痛はなぜ起こる?原因について

筋肉痛

筋肉痛が起きる原因は、いくつかあります。ここではよくある2つをご紹介します。

筋繊維のミクロの損傷

まず、1つ目は筋繊維のミクロの損傷です。

なんらかの筋肉の運動により、筋肉や筋繊維を酷使すると筋線維がミクロの損傷を起こします。

そうすると、傷ついた筋繊維を修復しようと、体の中でリンパ球や白血などが集まります。

 

たとえば、切り傷が治るのをイメージしてください。

傷口が治り始めると、かさぶたとなり時間が経つにつれて皮膚がくっついてもと通りに治ります。

 

これと同じことが筋肉痛になったときも、体の中で起きているのです。

体内では損傷した筋繊維の修復作業が行われると同時に、炎症反応が起こり痛みを伝えるのです。

急に体を動かすことで、筋繊維の損傷が起こりやすくなります。

 

どんなスポーツでも、運動前にストレッチや体操から始めウォーミングアップから徐々に本格的なトレーニングをするのはこのためです。

 

脱水症状

2つ目は、体内で脱水症状が起きたことです。

筋繊維の損傷を起こしやすくする原因として水分不足が挙げられます。

運動前に水分補給をしないことや、運動により水分が体内から失われると血流が悪くなり、筋肉や血管へ酸素が運ばれなくなってしまい、筋肉への負担が大きくなります。

運動をするときは、体をほぐしこまめに水分を補給しましょう。

 

筋肉痛はどのような症状?

筋肉痛

筋肉痛は、体を動かした翌日以降に特に酷使した部分の筋肉に痛みが生じます。

なんとなく痛む感じがする程度で済む場合もあれば、1人では歩けない、立ち上がることができないほど、重度の症状が出る場合もあります。

 

筋肉痛は、普段動かさない筋肉を使ったときや、ハードなトレーニングをしたときに起こります。

いつも以上に筋肉を酷使すると、使い過ぎた部分の筋肉が疲労を起こし、血流が悪くなった患部は硬くこわばり痛みを覚えます。

筋肉に疲れが溜まり、患部を動かす度に鈍痛を感じたり患部が重くだるい感じがしたりするのが、筋肉疲労による筋肉痛の特徴です。

筋肉疲労による筋肉痛は、肩こりに近いイメージです。

また、使われ慣れていない筋肉を急に使ったり、激しい動きに筋肉痛が急に引っ張られたりすると筋線維が損傷することがあります。

筋繊維の損傷では、炎症反応が起きひどい痛みを伴います。

疲労状態の筋肉痛よりも、筋繊維が損傷したときの筋肉痛のほうが症状は重く、肉離れのような強い痛みを感じます。

動く度に激痛を感じ、痛みで歩行が困難になることもあるでしょう。

筋繊維の損傷があれば、筋肉疲労で済んだ筋肉痛よりも、症状が回復するのに時間がかかってしまいます。

 

一般的な筋肉痛の治療について

筋肉痛治療

筋肉痛は、体を動かした翌日以降に特に酷使した部分の筋肉に痛みが現れます。

 

なんとなく痛む感じがする程度で済む場合もあれば、1人では歩けない、立ち上がることができないほど重度の症状が現れる場合もあります。

筋肉痛は、普段動かさない筋肉を使ったときや、ハードなトレーニングをしたときに起こります。

いつも以上に筋肉を酷使すると、使い過ぎた部分の筋肉が疲労を起こし血流が悪くなった患部は硬くこわばり痛みを覚えるのです。

 

筋肉に疲れが溜まり、患部を動かす度に鈍痛を感じることや、患部が重くだるい感じがするのが筋肉疲労による筋肉痛の特徴です。

 

筋肉疲労による筋肉痛は、肩こりに近いイメージです。

使い慣れていない筋肉を急に使ったり、激しい動きに筋肉痛が急に引っ張られたりすると、筋線維が損傷することがあります。

そういった筋繊維の損傷は、炎症反応が起きひどい痛みを伴います。

 

疲労状態の筋肉痛よりも、筋繊維が損傷したときの筋肉痛のほうが症状は重く、肉離れのような強い痛みを感じます。

 

動く度に激痛を感じ、痛みで歩行が困難になることもあるでしょう。

筋繊維の損傷があれば、筋肉疲労で済んだ筋肉痛よりも、症状が回復するのに時間がかかってしまいます。

 

筋肉痛を治療するときの注意点

ポイント女性

筋肉痛が起きたときは、痛みを緩和するために湿布を使う人が多いのですが、皮膚が弱い人は湿布でかぶれてしまうことがあります。

 

特に、腰や脇腹など皮膚が柔らかく、衣服に覆われて通気性の悪い場所ではかぶれが起きやすくなります。

湿布かぶれが気になる人は、湿布と同じ効能があるスプレータイプのものや、ローションタイプのものを使うと良いでしょう。

 

血流が悪いままだと、筋肉痛の治りも悪いので意識して体を温めるようにしましょう。

そして、しっかりと睡眠をとり、筋肉痛が治りやすい体を作ることも大切です。

食事から十分な栄養を摂ることも大切です。

 

筋肉を作るたんぱく質、体の修復を促すビタミンB群をしっかり摂取すると、筋肉痛の症状が改善されやすくなります。

 

湿布薬の使用や、体を温め、睡眠をとり、栄養を摂ることで、自分自身の自然治癒力を高めましょう。

それでも、痛みが引かない場合は、軽い筋肉痛と考えず、医療施設(整骨院を含む)で適正な処置をしてもらいましょう。

 

筋肉痛は長引くと日常生活に支障をきたす場合もあります。

痛みを軽減し、繰り返さないためには医師、柔道整復師などに相談することが近道かもしれません。

熊本市の藤川整骨院&研究所では、筋肉痛をはじめ多くの症状に対応できる治療環境が整っており、確実に治療することができます。

熊本市にお住まいの方で、筋肉痛にお悩みの方はぜひご相談ください。

トップに戻る
リストから選択して電話発信
藤川整骨院
096-227-3715
整体研究所
096-223-6188
閉じる