ブログ

自律神経失調症とはどのような病気?

自律神経失調症と聞いても一体どの様な病気なのか、またその原因はどのようなものなのかピンとこない人もいますよね。また、予防ができるのかなど疑問に思っている人もいるでしょう。ここでは、自律神経失調症について、その原因や治療法、また予防法などについて紹介していきます。

自律神経失調症とは、検査などを行っても体にはっきりとした異常などが見られなかったり、精神的な疾患としてはっきり確定できない場合につけられる診断名です。自律神経とは、意識をしないで身体を動かす機能をつかさどっており、心臓を動かすなど身体の中で様々な重要な役割を果たしています。この自律神経に異常が出て、様々な症状がでることを自律神経失調症と言います。

自律神経の定義ははっきりとは定まっておらず、息苦しさなどの症状が現れるなど、その症状は人によっても様々です。

また、その原因も様々で、ストレスなどの外的要因からホルモンバランスの乱れなどが原因の場合もあります。

原因や症状も様々な自律神経失調症ですが、適切な治療を行うことで症状を治療することができます。

 

自律神経失調症が起こる原因

自律神経失調症

自律神経失調症はさまざまな原因で起きます。

ここでは、どのような原因があるかについて紹介します。

ストレス

自律神経失調症を引き起こす原因として多いのがストレスです。仕事やプライベートの不安や、健康問題に対する不安、プレッシャーや人間関係のストレスから、引っ越しや進学、騒音、不規則な生活などが原因として挙げられます。しかし、このようなストレスの感じ方は性格や、体質などによって異なります。

 

生活習慣

昼夜逆転の生活や、不規則な生活を送っていると、昼間に身体の活動を活発にするために働く交感神経の働きが乱れてしまい、夜に身体を休めるために働く副交感神経への切り替えがうまくできなくなる場合があります。副交感神経への切り替えがうまくできなくなると、自律神経失調症の原因となる場合があります。

 

ホルモンのバランス

ホルモンのバランスによる自律神経失調症は女性に多く、その原因は、月経によるホルモンの変化や、妊娠出産によるホルモンバランスの乱れ、加齢によるホルモンバランスの乱れです。ホルモンバランスが乱れると自律神経失調症の原因のなる場合があります。

 

自律神経失調症の症状

自律神経失調症の症状は大きく分けて身体的な症状と、精神的な症状に分かれます。

それぞれについて紹介していきます。

 

身体的な症状

私立神経失調症の症状としては、身体のだるさや寝つきが悪い、または朝起きることができない、食欲がない、めまいや立ち眩みがある、耳鳴りがする、目が疲れる、息切れがする、便秘や下痢の症状が続く、月経痛、慢性胃炎、吐き気、手足がしびれる、肩こりや腰痛がある、汗をかきやすいなどの様々なものが挙げられます。

 

精神的な症状

精神的な症状としては、気持ちが沈む状態が続いている、イライラする、やる気が起きない、緊張しやすくなる、集中できない、記憶力が低下する、不安な気持ちになってしまうなどを挙げることができます。

このように、自律神経失調症の症状は人によっても様々です。このような不調が続いていたり、気分が落ち込むなどの症状がある場合には、早めに病院などを受診し、適切な治療を受けるようにしましょう。

 

自律神経失調症の予防法

自律神経失調症の症状は、ストレスやホルモンバランス、生活習慣によるものが大きく、予防をするためにはこれらの原因となるものを改善していく必要があります。

 

生活習慣の改善

不規則な生活、昼夜逆転などの乱れた生活習慣を送っている場合には、その習慣を改善するように努めましょう。質の良い睡眠や、3食食事を摂る、適度に運動をする、休息をとるなど習慣を取り入れることで、自律神経の乱れの予防が期待できます。

また、生活習慣を改善することでホルモンバランスの乱れの改善も期待することができます。

 

ストレスを溜めない

ストレスも自律神経失調症の大きな要因となります。仕事やプライベートでストレスを溜めこみやすい人は、自分がリラックスすることができる方法を見つけましょう。運動や読書、映画鑑賞や、旅行に行くことなどでストレスを解消するようにしましょう。

このように、自律神経失調症はストレスを溜めないことや、生活習慣の改善によって予防することができます。

 

自律神経失調症の治療法について

自律神経失調症は、その症状や原因がはっきり定義されてないため、どのような病院へ行き、どのような治療を受ければいいのかわからない場合も多いでしょう。

まず、身体的な不調がある場合には、かかりつけ医に相談してみましょう。かかりつけ医が症状を判断し、治療法や、かかる病院を紹介してくれることがあります。

自律神経失調症の症状が出る場合には、整骨院での施術で改善が期待できます。整骨院では、交感神経の働きを抑え、副交感神経の働きを元に戻すための施術が行われます。例えば、骨盤の歪みを治して自律神経のバランスを整えることや、頭や目を使用しすぎることによって交感神経が活発になっている人には、首の矯正を行うと同時に、ソフトな刺激を与えて、脳の疲労を回復させるなどの治療が行われます。

さらに、このような身体的な歪みによる自律神経の乱れを改善するとともに、生活習慣の乱れや、ストレスの解消法など、自律神経を乱れさせないための予防を含めた治療が行われます。

また、治療の他に交感神経の働きを抑える呼吸法などの、生活の中で自律神経の乱れを抑えるためのリハビリも行われます。

トップに戻る
リストから選択して電話発信
藤川整骨院
096-227-3715
整体研究所
096-223-6188
閉じる