スーパーライザー勉強会

星状神経節照射

年1回のスーパーライザー勉強会

今回は鹿児島に行ってきました。

もちろん毎回熊本からの参加者は私一人です。

スーパーライザーの勉強会の講師は柔道整復師の先生もいらっしゃいますが、医師が多いです。

昨年は眼科の先生でした。

今回も大阪のペインクリニックの先生のお話で、クリニックで普段の診療で行っていらっしゃるスーパーライザーの使い方(実技や症例も含め)についてのお話でした。

大まかな内容は

基本的な痛みの分類、神経障害性、侵害受容器性、心因性が重なる混合性疼痛の事。

遠赤外線、近赤外線、低出力レーザーの体内での深達性と拡散性。

光線療法の細胞への作用でのミトコンドリアのATP産生増加、細胞死抑制など。

神経ブロックとトリガーポイント。    などなど

又、私のとって嬉しかったのは、繊維筋痛症に有効という事をお聞きした事です。
昨年の筋膜リリース症例発表会に参加した際、繊維筋痛症患者さんのいらっしゃる施設での臨床試験の結果報告のお話で、繊維筋痛症に筋膜リリースは有効という事はお聞きしていましたので、スーパーライザーも有効なら、当院(整体研究所)の行う施術はダブルで効果が期待できるのでは?と思いました。

もう一つ、聞きなれない言葉に、口腔顔面痛がありました。
歯が痛いのか顎が痛いのか顔が痛いのかよくわからず、全体が痛いと言われて当院にいらっしゃる方もおられます。正にそれだったのかと思いました。

その他様々な適応症状のお話と実技を交えての勉強会でした。

改めて多くの適応症状がありブロック注射とは違い安全性が高く使用しやすいと思いました。

スーパーライザーも20~30年の歴史がありたくさんの大学病院やペインクリニック、耳鼻科、眼科等で、様々な症状やエビデンスが報告され研究が行われていますが、効果はあるが、まだまだ実証されていない症状も沢山あります。

言い換えればその性能と人に及ぼす効果効能は、未知数であり解明されていません。多くの可能性があり、痛みや病に有効な手段の一つであることは確かではないかと思います。

熊本県熊本市南区の藤川整骨院&整体研究所ではこれからも、少しでも患者さんの痛みや不調が改善されるよう今後とも研鑽して参ります。

熊本マラソン大会看板

2019年2月17日、今年も熊本城マラソン大会の30キロ地点で行う救護活動に行ってきました。
(地元砂原町のデイリーストアーです)

1回目から行っている救護活動ですが、今まで1回目のみ天候が悪かっただけで、今年も天候は最高の晴天でした。

ランナーの皆さんは少々暑かったんじゃないかと思います。

熊本 柔道整復師 ストレッチ テーピング 案内

毎年あるもので作っている入り口の案内(看板)です。

お隣には、数年前から同じ場所で救護活動を行っていらっしゃる赤十字病院の医師や看護師さんの救護スペースで、今年から連携をより密にして活動が行える様になりました。

来年からも、各救護所にも医師と我々柔道整復師が帯同し連携し合って救護活動が行える環境が整い、

多くのランナーのケアが安心して行え信頼度も高くなって貢献度も高くなるのではないか?と思われます。

ちなみに私の知り合いの女性ランナーは、医師救護スペースで毛布を着て安静に横たわっていました。

なんといっても、医師がいらっしゃると私達も心強いし、ランナーもとても安心して走れると思います。

我々柔道整復師のブース内に入るとスパイラルテーピングブース、ストレッチブース、キネシオテーピングブース、女性専用ブースなどあります。

私の仕事は入って来たランナーの痛みの箇所などを聞いて振り分けする役です。

今回は約40人の整骨院の院長(柔道整復師)で活動となりました。

対応したランナーは約700人でした。

待ち時間はほぼほぼなく、スムーズに対応できたと思います。

残念なのは、私の所に来ている患者さんを私が忙しく、施術とテーピングを行ってあげられなかった事です。

みなさん後日来られましたが、当日に施術してあげれなかった申し訳なさでいっぱいでした。

タイムにこだわって走る方、走るのがいっぱいいっぱいの方、初めて長距離を走る方、様々ですが、皆さん無事に完走されていて、本当に嬉しかったです。

また来年に向けて頑張りましょう。

来年も同じ場所で救護ボランティアを行っていますので、お気軽にお立ち寄りください。

スポーツ 水泳

水泳の九州大会が先日福岡で行われました。

1月に行われた熊本大会で初めて200メートルを泳いで1位になったと思ったら、

今度の九州大会でも200メートルで1位!

来月ある全国ジュニアオリンピックに出場決定しました。

あと7週間あるので、もっともっとタイムを短めていこうぜ!

しかし50メートルと100メートルが3位だなんて想像していませんでした。

こっちもやっていこうぜ! Ⅿ君

熊本城マラソン大会2019

今年もやって来ました2019熊本城マラソン大会、藤川整骨院も公益社団法人熊本県柔道整復師会の所属の整骨院として、地元熊本市南区砂原町のデイリーヤマザキ砂原店駐車場の一部をお借りして、50人態勢でマラソンランナーの皆さんのケアをボランティアで行います。ちょうど30キロ地点、大変きつい所でと思うし、何より関門地点でもあります。

このボランティアは熊本城マラソン第1回目から行っているもので、毎年900人前後のランナーの方々のサポートを行っております。

サポート内容は不調や痛みに対しての施術やテーピング等になりますので、問題がある方はお立ち寄りください。

又、本番前のケガやコンディショニング、当日後の痛みやケガなども是非下記のマークを掲げている整骨院にお気軽にお越しください。(公益社団法人熊本県柔道整復師会のマークです)

整骨院マーク

下はマラソン大会のポスターです。

2019熊本城マラソン大会ポスター
トップに戻る
リストから選択して電話発信
藤川整骨院
096-227-3715
整体研究所
096-223-6188
閉じる