体の不調は姿勢が原因かも!?自律神経失調症の改善と治療について

「なんとなく体が重い、疲れやすい、動機や息苦しい感じがする。」

「でも風邪や高熱があるわけでもない。」

そんな原因不明の体の不調は、長時間続く悪い姿勢による自律神経の乱れが原因かもしれません。

姿勢を直そうと意識していても仕事で忙しくなったり心に余裕がなくなったりすると、つい普段の姿勢に戻ってしまうもの。より自然に姿勢を矯正する方法はないのでしょうか。

今回は、そんな姿勢に悩む人に向けて自律神経の役割や自律神経失調時の症状、その改善策などについて紹介していきます。

体調に大きく左右する自律神経とは?

骨

自律神経とは、全身の機能を調整しており、人間が生きていくうえで欠かすことのできない神経群です。

自分の意志とは関係なく働き、呼吸や血液循環、食べ物の消化や排せつなどを支援しています。そのため、自律神経が関係する器官は多岐におよび、脳神経や呼吸・循環器、消化器官や皮膚、運動器、泌尿・生殖器、精神症状にいたるまで幅広く影響をもたらしています。

そんな自律神経には主に「交感神経」「副交感神経」があります。

交感神経は、体を興奮状態や活発な状態にするための神経で、仕事やスポーツなど高い緊張状態に置かれた状況で活発となります。

副交感神経は、睡眠や食事、入浴や休息など体をリラックスさせるために使われる神経となっています。

通常はバランスよく切り替わる2つの神経も、長時間悪い姿勢でいることによって体や神経に不自然な負担がかかり体調を崩してしまうことがあります。

自律神経の乱れは全身の症状となってあらわれ、併発することでさまざまな病を引き起こす原因となります。

 

姿勢が悪いとなぜ自律神経の乱れが起きるの?

悩む女性

自律神経は、脳の下垂体と呼ばれる器官でホルモン分泌を制御することによって正常な働きを保っています。

しかし、「猫背」「スマホ首」など長時間悪い姿勢でいた場合、脳への血流が阻害され正常な働きを維持することが困難となってしまいます。

 

猫背の場合には、背中が丸まり、肺が縮こまったような姿勢となることから呼吸が浅く早くなりやすくなります。また椅子に座っている場合には、背中の曲がっている部分など一部に不自然かつ強い負担がかかり続けることになり、浅い呼吸と相まって血流不足を悪化させてしまいます。

スマホ首の場合にも、長時間にわたって首や肩の筋肉が硬直しやすく、目を酷使することもあって血流不足だけでなく肩こりや眼精疲労による頭痛・吐き気などの原因にもなってしまいます。また、立っているときや歩いているときの姿勢も重要です。

常にうつむき加減でつい足元ばかり見てしまう前傾姿勢の多い人や、片足に重心が乗っていることが多い人など普段の何気ない姿勢の悪さも長時間続くと要注意です。

このように、体にとって不自然な姿勢を長い間取り続けていた場合には身体的症状のほか精神的症状まで被害が及ぶことがあります。

「日頃から姿勢を正す」「腹式呼吸を心がける」「パソコンやスマートフォンの使用時間には制限を設け適度に休憩を取る」といった意識が大切です。

 

自律神経が乱れていることで起こる症状

自律神経が乱れることによって、私たちの体には身体的症状、心理的症状となって不調があらわれることにつながります。

悪い姿勢によって起こる血流障害によって「手足のしびれ」「冷え症」「脱力感」「肩こり」「首の痛み」「関節痛」などが起こります。また血流不足による自律神経の乱れは、交感神経と副交感神経の正常なバランスを阻害します。

そこで、仕事やスポーツ時など体や心が高い緊張状態にあるような状態を引き起こす交感神経ばかりが働いてしまったらどうなるでしょうか。

本来であれば、眠る時間である夜になっても目が覚めて眠れないといった不眠症、神経過敏になることで引き起こされる不安や緊張によるメンタル障害などを引き起こす恐れがあります。不眠は、仕事中の眠気など集中力の低下につながり職場でのミスの増加などによる新たなストレスを引き起こしてしまいます。

それが長時間続けば、疲れが取れないことによる「全身の倦怠感」「耳鳴り」「動機や息苦しい感じがする」「頭痛」「吐き気」「めまい」「ふらつき」などをも誘発してしまいます。

これらの症状に悩まされることによって、次第に無気力やネガティブなうつ的思考など精神的な症状を併発してしまう恐れもあります。

ほかにも、全身の機能を支援している自律神経ですからバランスが乱れた場合には、「便秘」「下痢」「排尿の障害」「皮膚のかゆみ」「胃の痛み」などとしても症状があらわれることがあります。

長らく原因不明に悩まされてきた心身の不調も自律神経の失調が原因だったという可能性も十分にあると言えるでしょう。

姿勢を良くして自律神経の乱れを改善するなら整体院で施術?

背骨

悪い姿勢を改善しようと努力しても、「癖」になってしまっている場合には、意識して改善しようにも自分だけではなかなか治らないとお悩みの方もいるでしょう。

そこで自律神経を整えるためには、整骨院を利用するのも効果的です。

整骨院では、頸部から背骨、骨盤にかけて調整する整体治療、猫背・姿勢矯正施術などが受けられます。これらの整体治療のほかにも、ストレッチや必要となる部位への筋力トレーニング方法を指導されるケースもあります。

当整体研究所では、姿勢を矯正する整体治療のほか、交感神経の過剰な働きを抑制する近赤外線レーザー治療や副交感神経の働きを増長させる星状神経節ブロック療法などが行われています。

このように姿勢改善治療とともに、交感神経や副交感神経への直接的なアプローチによって、より早期に症状を和らげる効果が期待できます。

まとめ

姿勢が悪いと自律神経が乱れ、体の不調の原因につながってしまいます。しかし、姿勢を正そうと意識をしても、生活習慣や癖があるので自分ではなかなか改善することが難しい場合があるでしょう。

藤川整体研究所では、姿勢の改善に向けて骨盤矯正や骨ストレッチ、メディセルハイブリッドや近赤外線レーザー療法など、さまざまな方法で治療を行うことができます。

熊本県内で姿勢が悪いことが原因で自律神経の乱れにお悩みの方は、ぜひ藤川整体研究所までお越しください。

院名藤川整骨院&整体研究所
住所〒861-5255
熊本県熊本市南区砂原町70-4
最寄駅
アクセス

JR熊本西駅
産交バス 八分字バス停前

電話番号藤川整骨院 096-227-3715   
整体研究所 096-223-6188
受付時間

月曜日〜金曜日
午前  8:30〜11:30   
午後14:00〜19:00
土曜日
午前   8:30〜13:00

定休日日曜・祝日
駐車場約21台分
代表 藤川孝徳
スポーツ水泳

今回も水泳のクロール12歳で200メートル、100メートルで1位。

50メートルは2位の結果でしたね Ⅿ君。

200は初めて泳いで1位は本当に良かったね!

でも50メートル2位は本当に不本意な結果でした。

次の九州大会もどんどん攻めていこうぜ!

首のこりがひどくてつらい、首が痛くて動かせない…。デスクワークが多い方なら、そんな悩みを持っているのではないでしょうか。そもそもどうして首がこったり、痛くなったりするのでしょうか。

そこで今回は、首の痛みやこりの原因、また整骨院ではどんな治療をするのかについて紹介していきます。

首の痛み・こりの原因

首の痛み・こりは、さまざまな原因が考えられます。

ここでは代表的な例をいくつか紹介していきます。

筋肉疲労

姿勢が悪いことによる筋肉の疲労が起こり首の痛みやこりにつながることがあります。

デスクワークなどで長時間、前のめりの姿勢を続けていると、首を支えている上半身の筋肉がこわばってしまい、疲労がたまりやすくなります。デスクワークの際には肩が下がった状態も続くため、首への負担は更に大きくなります。首や腕などに負担のかかるデスクワークは痛みやこりの原因となっていることが非常に多いです。

首への負担

なで肩や肥満といった体の状態によるもので首へ負担がかかることで組の痛みやこりにつながることがあります。

なで肩は肩が下がっている分、首が長くなるので首にかかる負担が多くなります。また肥満により体重が重い場合、関節や筋肉への負担が大きくなり、上半身の筋肉に疲労が蓄積し首にトラブルが起きやすくなります。ダイエットで体重を適正にして、体を支えている筋肉への負担が少なくなるようにしてください。

血行が悪い

冷えやストレスで筋肉が緊張し血行が悪くなると首の痛みやこりにつながることがあります。

体が冷えていると全身の筋肉もこわばってしまい、血行が悪化します。血行が悪い状態が続くと筋肉の疲労が取れず、痛みやこりを感じるようになるのです。また強いストレスを感じているときにも交感神経が刺激され、筋肉が緊張してしまい痛みやこりを引き起こすことになります。

喫煙

喫煙の習慣があると首の痛みやこりにつながることがあります。

タバコを吸うとストレスを感じたときと同じように交感神経が刺激を受け、血管が縮んで血行が悪化します。その結果痛みやこりが発生します。タバコは病気の元として有名ですが、首の痛み・こりの原因の一つにもなっているのです。

首の痛み・こりの原因は私生活が問題?具体的な要因と対処法

なにげない普段の生活が、首の痛みやこりの原因になっていることもあります。

ここでは私生活で起こる原因について紹介していきます。

運動不足

筋肉は使わない状態が続くと固くなってしまい、血行を悪化させて痛みを引き起こすことがあります。運動不足による痛みやこりに対処するには、無理のない範囲で日常的に運動を取り入れることが必要です。

急な長時間の運動は体に負担がかかるので、まずは軽くエクササイズやストレッチで体をほぐすようにしてください。

長時間の前傾姿勢

スマホやパソコンの使用時は前傾姿勢になりやすく、上半身の筋肉がこわばった状態が長く続くことになります。その結果、首や肩に痛みやこりが発生します。

長時間同じ姿勢で画面を見ないよう注意し、何度か休憩時間を作って体を動かすようにしてください。

睡眠時の姿勢

寝具や枕によって睡眠時の姿勢が悪いと首の痛みやこりの原因につながることがあります。体に合わないものを無理に使っていると、首や肩周辺の筋肉に負担をかけてしまい痛みやこりを引き起こしてしまうのです。

これを解消するためには、自分に合った寝具を選んで使うことが大切です。サイズや素材をきちんとチェックすること、また古くなって劣化した寝具の交換もしておきましょう。

整骨院での首の痛み・こりの治療

首の痛みやこりで整骨院に行った場合、どのような治療が行われるのでしょうか。

最も一般的なのが、マッサージです。患部の筋肉を良くもみほぐして血行を改善し、痛みや疲れが取れるようにします。患部が温かくなるので、冷えによる痛みも改善することができます。

また、整骨院によってはラジオ波機器、用いた治療などが行われます。主に筋肉に作用し、筋肉の収縮・弛緩を促すことにより血行を改善します。これは、体を内部から温めることで、痛みやこりを治療するという方法です。ラジオ波の力で体の中から温度を上げて血行を改善し、筋肉にたまった疲労物質を排出させます。

ラジオ波には体脂肪を分解してくれる効果もあるので、体型を改善することで痛みの解消につなげることもできます。

まとめ

首の痛みやこりの原因は生活習慣とも深くかかわっています。普段から運動不足に注意したり、定期的に整骨院でマッサージを受けたりするなど、血流を良くする生活を心がけましょう。

藤川整骨院では、首の痛みやこりに対して「ラジオ波」「メディセル筋膜リリース」「骨ストレッチ療法」「近赤外線レーザー療法」など、症状の重さや状態に合わせて適切な施術を行っています。

熊本県内で首の痛みやこりでお悩みの方は、ぜひ藤川整骨院までお越しください。

トップに戻る
リストから選択して電話発信
藤川整骨院
096-227-3715
整体研究所
096-223-6188
閉じる