ブログ

スーパーライザー勉強会

星状神経節照射

年1回のスーパーライザー勉強会

今回は鹿児島に行ってきました。

もちろん毎回熊本からの参加者は私一人です。

スーパーライザーの勉強会の講師は柔道整復師の先生もいらっしゃいますが、医師が多いです。

昨年は眼科の先生でした。

今回も大阪のペインクリニックの先生のお話で、クリニックで普段の診療で行っていらっしゃるスーパーライザーの使い方(実技や症例も含め)についてのお話でした。

大まかな内容は

基本的な痛みの分類、神経障害性、侵害受容器性、心因性が重なる混合性疼痛の事。

遠赤外線、近赤外線、低出力レーザーの体内での深達性と拡散性。

光線療法の細胞への作用でのミトコンドリアのATP産生増加、細胞死抑制など。

神経ブロックとトリガーポイント。    などなど

又、私のとって嬉しかったのは、繊維筋痛症に有効という事をお聞きした事です。
昨年の筋膜リリース症例発表会に参加した際、繊維筋痛症患者さんのいらっしゃる施設での臨床試験の結果報告のお話で、繊維筋痛症に筋膜リリースは有効という事はお聞きしていましたので、スーパーライザーも有効なら、当院(整体研究所)の行う施術はダブルで効果が期待できるのでは?と思いました。

もう一つ、聞きなれない言葉に、口腔顔面痛がありました。
歯が痛いのか顎が痛いのか顔が痛いのかよくわからず、全体が痛いと言われて当院にいらっしゃる方もおられます。正にそれだったのかと思いました。

その他様々な適応症状のお話と実技を交えての勉強会でした。

改めて多くの適応症状がありブロック注射とは違い安全性が高く使用しやすいと思いました。

スーパーライザーも20~30年の歴史がありたくさんの大学病院やペインクリニック、耳鼻科、眼科等で、様々な症状やエビデンスが報告され研究が行われていますが、効果はあるが、まだまだ実証されていない症状も沢山あります。

言い換えればその性能と人に及ぼす効果効能は、未知数であり解明されていません。多くの可能性があり、痛みや病に有効な手段の一つであることは確かではないかと思います。

熊本県熊本市南区の藤川整骨院&整体研究所ではこれからも、少しでも患者さんの痛みや不調が改善されるよう今後とも研鑽して参ります。

トップに戻る
リストから選択して電話発信
藤川整骨院
096-227-3715
整体研究所
096-223-6188
閉じる