手術後の突っ張り感と筋肉の痛みの治療について

治療が上手くいったのにも関わらず術後に突っ張り感と筋肉の痛みに悩む方がいらっしゃいます。

この状態が軽度なものなのか致命的なものなのか自身で判断することは難しく、不安な日々を過ごしてしまうでしょう。

そこで今回は手術後の突っ張り感と筋肉の痛みについてご紹介します。

原因から症状、予防などについてご紹介しますので、ご参考にして下さい。

手術後の突っ張り感と筋肉の痛みの原因

筋肉痛

手術後の突っ張り感と筋肉の痛みは主に「術後痛」と呼ばれることが多く、術後痛の原因には様々なものがあります。

突っ張り感と筋肉の痛みが伴う場合には、切開部による瘢痕組織の癒着と周辺の筋筋膜の硬結と癒着、手術によって長時間固定された体位などが原因の一つに挙がります。

手術痕による癒着や、長い手術ともなると、数時間もの間同じ体位でいるわけですから、固まってしまったりもします。

そのため、術後に違和感を覚えると言うことが多く、中には痛みを伴う場合もあります。

また、手術箇所によってもそのことが原因となる場合があります。

切開手術を行うと言うことは筋肉繊維を切り裂くと言うことになりますので、いくら縫合しても組織が回復して伸張性のない瘢痕組織が形成されてくるわけですから、修復結合するまでには時間を要します。

この組織がしっかりと回復するまので間や動かさなかった事で筋筋膜が拘縮癒着して、突っ張り感や筋肉の痛みが伴います。

さらに神経系統の手術を行った場合には、手術の後遺症がしばらくの間残る可能性があり、これが突っ張り感や筋肉の痛みと言う可能性があります。

 

手術後の突っ張り感によって起こる症状

眠れない

手術後の突っ張り感によって起こる症状は主に体の自由が効かないと言うものになります。

体の自由が効かないと言うことは寝返りを打つのにも一苦労し、また症状が酷い場合には夜寝付けないと言ったことも引き起こします。

寝返りが打てないと言うことは床ずれなどの違う病気の原因ともなってしまいますし、眠れない毎日は精神的障害にもなります。

何よりも自由が効かないと言うことがストレスになってしまいますので、健やかとは掛け離れたものとなってしまうでしょう。

さらには術後に退院し、日常生活を行うようになってからも腕が疲れやすいなどの症状が見られる場合もあります。

どのような手術をしたのかによって症状は変わってくるものですが、どれも本人にしか分からない症状なので悩みを深刻化させています。

人それぞれ症状が違い、その重さも違うものとなります。

リハビリで緩和されるものもあれば、長期化して不自由な生活を強いられることもあります。

 

手術後の筋肉の痛みによって起こる症状

激痛

突っ張り感とは違い、明らかに痛みを伴いますので、行動がさらに制限されることでしょう。

また、痛みが強い場合には眠ることも出来ませんし、場合によっては食事を取ることも出来ません。

精神的なストレスはもちろんのこと、強い痛みとも付き合っていかなければならないので、その症状は筆舌に尽くしがたいと言っても過言ではありません。

医療機関によっては、術後痛の緩和のために痛み止めなどの処方をするところもありますが、それでも痛みが完全になくなるわけではありません。

また、この場合も入院中もリハビリ中も症状は変わらず、時間が経つにつれより症状が悪化する可能性があります。

通常であれば問題ない作業であっても、時間の経過とともに痛みを発症するようになり、思うように出来ないこともあります。

さらに天候にも左右される場合があり、天気が悪いと手術した場所が痛むなどの症状も見られるようになります。

 

手術後の突っ張り感や筋肉の痛みを予防する方法

手術後の突っ張り感や筋肉の痛みを予防する方法にはいくつか方法があります。

まずは、痛み止めや炎症止めと言った薬の処方です。

軽度の場合であれば、服用により症状を緩和させることが可能ですが、あくまで筋肉が元通りになるまでの間の保険でしかありません。

何もせずに痛み止めだけを飲んでいても改善には向かいませんので、術後ある程度経過後からリハビリを行います。

作業療法により、固まった筋肉を動かすようにすることで突っ張り感の解消を目指します。

筋肉の痛みについても、リハビリを繰り返すことで筋肉繊維が回復していきますので、動かすことは辛いことになりますが、早い段階での日常生活への復帰を目指していきます。

リハビリ期間には個人差や手術の大きさと言うものが関連しており、一ヶ月から半年とその人によって期間は変わって来ます。

日常生活を取り戻すためにはリハビリは欠かせないものですので、辛い痛みがあっても根気強く続けていきましょう。

 

手術後の突っ張り感や筋肉の痛みの治療法について

手術後の突っ張り感や筋肉の痛みの治療法についてご紹介します。

前述のように術後のリハビリが有効手段として挙げられますが、具体的にどのようなことをするのでしょうか。

理学療法

運動機能が低下した状態にある人に対し、運動機能の維持、改善を目的に運動、温熱、電気、水、光線などの物理的手段を用いて行われる治療法です。

高齢者の運動機能改善などに用いられるリハビリですが、術後痛から早く回復するためにも用いられます。

 

作業療法

応用動作能力、社会適応能力の回復を図るため、手芸や工芸などの作業を行うリハビリになります。

簡単なものであれば、折り紙や切り絵などがあり、無理なく作業をこなしていくことで日常生活へ戻ることを支援します。

 

手術後に行われるリハビリにはこのような方法があります。

しかし、仕事などで忙しい毎日を送られる方は、なかなかリハビリを行う時間がないと言う方もいます。

そうした方には整体院等がおすすめです。

当整体研究所の施術

当院では病院等でリハビリを行ったにもかかわらず、突っ張り感が取れない、痛みがある、など固まって動きが悪い筋肉(硬結、拘縮)、手術痕、神経痛、癒着した筋膜などに、当院独自の施術法を駆使してお困りの症状を改善する為にお手伝い致しております。

自律神経失調症と聞いても一体どの様な病気なのか、またその原因はどのようなものなのかピンとこない人もいますよね。また、予防ができるのかなど疑問に思っている人もいるでしょう。ここでは、自律神経失調症について、その原因や治療法、また予防法などについて紹介していきます。

自律神経失調症とは、検査などを行っても体にはっきりとした異常などが見られなかったり、精神的な疾患としてはっきり確定できない場合につけられる診断名です。自律神経とは、意識をしないで身体を動かす機能をつかさどっており、心臓を動かすなど身体の中で様々な重要な役割を果たしています。この自律神経に異常が出て、様々な症状がでることを自律神経失調症と言います。

自律神経の定義ははっきりとは定まっておらず、息苦しさなどの症状が現れるなど、その症状は人によっても様々です。

また、その原因も様々で、ストレスなどの外的要因からホルモンバランスの乱れなどが原因の場合もあります。

原因や症状も様々な自律神経失調症ですが、適切な治療を行うことで症状を治療することができます。

 

自律神経失調症が起こる原因

自律神経失調症

自律神経失調症はさまざまな原因で起きます。

ここでは、どのような原因があるかについて紹介します。

ストレス

自律神経失調症を引き起こす原因として多いのがストレスです。仕事やプライベートの不安や、健康問題に対する不安、プレッシャーや人間関係のストレスから、引っ越しや進学、騒音、不規則な生活などが原因として挙げられます。しかし、このようなストレスの感じ方は性格や、体質などによって異なります。

 

生活習慣

昼夜逆転の生活や、不規則な生活を送っていると、昼間に身体の活動を活発にするために働く交感神経の働きが乱れてしまい、夜に身体を休めるために働く副交感神経への切り替えがうまくできなくなる場合があります。副交感神経への切り替えがうまくできなくなると、自律神経失調症の原因となる場合があります。

 

ホルモンのバランス

ホルモンのバランスによる自律神経失調症は女性に多く、その原因は、月経によるホルモンの変化や、妊娠出産によるホルモンバランスの乱れ、加齢によるホルモンバランスの乱れです。ホルモンバランスが乱れると自律神経失調症の原因のなる場合があります。

 

自律神経失調症の症状

自律神経失調症の症状は大きく分けて身体的な症状と、精神的な症状に分かれます。

それぞれについて紹介していきます。

 

身体的な症状

私立神経失調症の症状としては、身体のだるさや寝つきが悪い、または朝起きることができない、食欲がない、めまいや立ち眩みがある、耳鳴りがする、目が疲れる、息切れがする、便秘や下痢の症状が続く、月経痛、慢性胃炎、吐き気、手足がしびれる、肩こりや腰痛がある、汗をかきやすいなどの様々なものが挙げられます。

 

精神的な症状

精神的な症状としては、気持ちが沈む状態が続いている、イライラする、やる気が起きない、緊張しやすくなる、集中できない、記憶力が低下する、不安な気持ちになってしまうなどを挙げることができます。

このように、自律神経失調症の症状は人によっても様々です。このような不調が続いていたり、気分が落ち込むなどの症状がある場合には、早めに病院などを受診し、適切な治療を受けるようにしましょう。

 

自律神経失調症の予防法

自律神経失調症の症状は、ストレスやホルモンバランス、生活習慣によるものが大きく、予防をするためにはこれらの原因となるものを改善していく必要があります。

 

生活習慣の改善

不規則な生活、昼夜逆転などの乱れた生活習慣を送っている場合には、その習慣を改善するように努めましょう。質の良い睡眠や、3食食事を摂る、適度に運動をする、休息をとるなど習慣を取り入れることで、自律神経の乱れの予防が期待できます。

また、生活習慣を改善することでホルモンバランスの乱れの改善も期待することができます。

 

ストレスを溜めない

ストレスも自律神経失調症の大きな要因となります。仕事やプライベートでストレスを溜めこみやすい人は、自分がリラックスすることができる方法を見つけましょう。運動や読書、映画鑑賞や、旅行に行くことなどでストレスを解消するようにしましょう。

このように、自律神経失調症はストレスを溜めないことや、生活習慣の改善によって予防することができます。

 

自律神経失調症の治療法について

自律神経失調症は、その症状や原因がはっきり定義されてないため、どのような病院へ行き、どのような治療を受ければいいのかわからない場合も多いでしょう。

まず、身体的な不調がある場合には、かかりつけ医に相談してみましょう。かかりつけ医が症状を判断し、治療法や、かかる病院を紹介してくれることがあります。

自律神経失調症の症状が出る場合には、整骨院での施術で改善が期待できます。整骨院では、交感神経の働きを抑え、副交感神経の働きを元に戻すための施術が行われます。例えば、骨盤の歪みを治して自律神経のバランスを整えることや、頭や目を使用しすぎることによって交感神経が活発になっている人には、首の矯正を行うと同時に、ソフトな刺激を与えて、脳の疲労を回復させるなどの治療が行われます。

さらに、このような身体的な歪みによる自律神経の乱れを改善するとともに、生活習慣の乱れや、ストレスの解消法など、自律神経を乱れさせないための予防を含めた治療が行われます。

また、治療の他に交感神経の働きを抑える呼吸法などの、生活の中で自律神経の乱れを抑えるためのリハビリも行われます。

整骨院 整体 見学

2018年10月、今年も近所の小学生の子供達が当整骨院&整体研究所に見学探検をしに来ました。

みんな元気で澄んだ目で自分たちの知りたい事など質問してきてくれました。

私は事前に作っておいた整骨院で使っている治療器や整体で使っている治療器の説明、検査等で使っている器具の説明、整骨院と整体との違い、整骨院(柔道整復師)の歴史など簡単に説明したプリントを配り、それぞれの治療器の体験やテーピングや包帯固定など、一人ずつ体験してもらいました。

元気のいい子供達と接すると夢や希望に満ちた、無限の可能性を感じてとっても楽しい時間を過ごさせて頂きました。

また来年もお母さんに連れられ治療に来ていた子供達もいっぱい来ると思いますので、楽しみです。

予期せぬアクシデントで後遺症を抱えてしまうケースがあります。

特に車が当たり前のように乗られるようになった昨今では、交通事故は避けても避けられない場合があります。

後遺症などが残ってしまい今後の日常生活に不安を抱えてしまう人もいます。

そこで今回は交通事故後の後遺症の原因や予防についてご紹介します。

 

交通事故後の後遺症の種類とは

交通事故

交通事故の後遺症は様々な症状が起きます。

ここでは代表的な種類について紹介していきます。

 

むち打ち

交通事故で一番多い後遺症です。

交通事故の状況や被害者の年齢などにより症状は変わって来ます。

一口にむち打ち症と言っても頚椎捻挫型、根症状型、脊髄型、バレ・リユウー症状型など様々な症状がありますので、決して軽視できるものではありません。

 

低髄液圧症候群

むち打ちの一種ではありますが、交通事故のダメージにより髄液を包む硬膜が損傷し、内部の髄液が外に漏れ出す症状になります。

事故後すぐに症状が出る場合もあれば、数日経ってから症状が出る場合もあります。

 

高次脳機能障害

交通事故により脳がダメージを受け、言語、思考、記憶、学習、注意などの認知過程や、行動や精神の異常が出る症状です。

日常生活に支障が出る脳の知的活動の障害になります。

 

上肢機能障害

肩関節、肘関節、手関節の3大関節と手指の部分を上肢と言い、交通事故のダメージにより上肢が損傷することです。

 

下肢機能障害

股関節・膝関節・足関節の3大関節と足指の部分を下肢と言い、同じく交通事故のダメージにより下肢が損傷することです。

 

交通事故後に後遺症が起こる原因

頭痛

ここでは、交通事故後の後遺症の原因について紹介していきます。

 

むち打ちの原因

むち打ちの原因は外部から頚椎に強い負荷が掛かることによって起こります。

衝撃を受けた時に、ちょうど鞭がしなるように首が動くので、むち打ちと呼ばれています。

医学的には頸椎捻挫や外傷性頚部症候群に属している症状になります。

 

 

低髄液圧症候群の原因

脳と脊髄までつながる閉鎖空間を脳脊髄腔と呼び、なんらかの外的要因で脳脊髄腔がダメージを受け、中の脳脊髄液が漏れることで低髄液圧症候群は起こります。

脳脊髄液が漏れると、閉鎖空間内で脳と脊髄を浮かるための脳脊髄液が不足してしまい、腔内の圧力が低下します。

こうなると頭痛などの様々な症状が起こります。

 

高次脳機能障害の原因

脳が外的要因の負荷によりダメージを受けることにより起こります。

事故後すぐに症状が出ることは少なく、数日経過してから症状が出始めることが多く見られます。

頭に衝撃を受けた場合には、治療を受けるようにして下さい。

 

 

上肢機能障害の原因

交通事故により上肢がダメージを負うことで起こり、上肢の機能に様々な障害が出ます。

 

下肢機能障害の原因

上肢と同じく下肢がダメージを負うことで起こります。

 

交通事故後の後遺症によって起こる痛み

首 痛み

ここでは交通事故後の後遺症によって起こる痛みについてご説明します。

 

むち打ちの痛み

首の痛み、頭痛と言ったものが断続的に起こります。

頚椎に異常なしと判断されていても、むち打ちと言う可能性がありますので、診断は難しいものになっています。

 

低髄液圧症候群の痛み

主に頭痛が症状となりますが、吐き気、物が二重に見える、耳が聞こえにくい、首が痛い、視野が狭くなる、眩暈ななど症状は多岐に渡ります。

むち打ちが原因で起こることもありますので、事故後から数日経って時間が空いてしまっても病院へ行くようにして下さい。

高次脳機能障害の痛み

言語、思考、記憶、学習、注意などの認知過程や、行動や精神の異常が出ます。

呂律が回らないと言う症状が一番分かりやすいものになりますが、潜在的に高次脳機能障害であると言う可能性もありますので、異常を感じた場合にはすぐに病院へ行くようにして下さい。

 

上肢機能障害の痛み

上肢の障害全般になります。

痺れが出る、力が入らないと言った症状から天気が悪いと痛むなど症状は様々です。

 

下肢機能障害の痛み

上肢機能障害と同じく下肢の障害全般になります。

痺れや力が入らないと言った他にバランス感覚が取れないと言った歩行困難などが出ることもあります。

 

交通事故後の後遺症を予防する方法

交通事故後の後遺症は種類によって予防する方法が異なります。

それぞれについてご紹介していきます。

 

むち打ちの予防法

頚椎をコルセットなどで固定します。

痛みが酷い場合には湿布などを貼るなどして緩和を目指しますことが一般的です。

 

 

低髄液圧症候群の予防法

交通事故による外的要因が原因となりますので、交通事故を防ぐ以外に防ぐ方法はありません。

とは言っても交通事故は突然起こるもので、防ぎようがない場合がほとんどです。

ですので、低髄液圧症候群と診察された場合には病院でしっかりと治療を行う必要があります。

 

高次脳機能障害の予防法

こちらも同じく交通事故が原因となる場合には防ぎようがありません。

重度の障害となりますので、病院でしっかりと治療を受けた後に、長期のリハビリが必要となります。

 

上肢機能障害の予防法

病院で治療を受けた後に、リハビリが必要となります。

感覚を取り戻すまでには年齢などの個人差がありますが、リハビリを受けることで通常通りになるケースが多くなっています。

 

下肢機能障害の予防法

こちらも同じように病院で治療を受けた後に、リハビリを必要とします。

上肢と違い、リハビリは大変なものとなる傾向がありますが、リハビリを続けることで日常生活に戻ることが出来ます。

 

交通事故後に起こる後遺症の治療法

ここでは、交通事故の後遺症の治療について紹介していきます。

むち打ち

むち打ちの治療では、歪みを解消するためにバランス調整するような治療を行ったりレーザー治療などが行われたりします。

症状に合わせて治療するようにしましょう。

 

低髄液圧症候群

脳脊髄液減少症では、保存的な治療方法などの治療方法が用いられます。

安静を保ちつつ水分補給を十分に行うことで自然治癒を目指す治療をすることが多いですが、早期発見が前提条件となりますので注意して下さい。

 

高次脳機能障害

言語障害などの認知過程に障害が出ている場合には、適切な治療後にリハビリを行います。

言語聴覚士、作業療法士、臨床心理士などがプログラムするリハビリを行い、日常生活への復帰を目指します。

こちらも早期発見が大事とされますが、自覚出来ない場合が多くあり、そのため発見が遅れてしまうケースが多く見られます。

 

上肢機能障害

治療後に作業療法などのリハビリを行い、機能改善を目指します。

また、筋力が低下しないようにさせる目的もリハビリにはあり、なるべく早い段階で日常生活へ戻れるように治療しています。

 

下肢機能障害

治療後に歩行練習などのリハビリを行い、機能改善を目指します。

歩くことが出来なくなると、筋力低下もそうですが、気分的にも滅入ってしまうことが多くなり、欝へと繋がる可能性もあります。

早い段階でリハビリを行い、機能面のサポートと精神面のサポートを行います。

発想を転換しだ体で現代社会を生きる

身体の使い方 スポーツ

古武術研究者『甲野善紀』先生 熊本講習会

2018年11月3日 日曜  午後1時〜4時まで

福成寺(走潟保育園) で行います。

大人 5000円  子供 3000円

今回恒例の講習会終了後の懇親会は残念ながら行いません。

当日は動きやすい服装でお越し下さい。

お申し込みお問い合わせ        連絡先 藤川整骨院 藤川孝徳まで

☎ 096-227-3715

何かご質問等ございましたらお気軽にお尋ね下さい。

講習内容

人間が持っているが使い方が分からなく使ってない機能や感覚、能力、システム

などを様々な分野(スポーツ・日常・介護・武術・芸能など)に応用して効率よく体

自体のパフォーマンスが上がってしまいます。

体の不思議さや、体に対しての興味を抱いて頂ける内容で、きっと今までにない気づきや

発見が待っていると思います。何かが変わるかもしれませんよ!

この貴重な機会に是非体感しにいらして下さい。

プロフィール

甲野善紀(こうの・よしのり)
1949年東京生まれ。武術研究者。20代の初めに「人間にとっての自然」を自らの身体感覚を通して探究しようと武の道に志す。試行錯誤しつつ技と術理を研究。1999年頃から、その技と術理が、まず桐朋高校のバスケットボールに応用され、進学校で練習時間も少なかった同校がインターハイ出場、全国高校選抜大会ベスト16まで勝ち進み、話題となる。その後、引退を囁かれていたプロ野球巨人軍の桑田真澄投手を約2年間指導し、その桑田投手が2002年に最少防御率を記録したことで、広く世に知られる。その他、女子バスケットボールの浜口(現小磯)典子選手を指導。同選手が一度引退した後、コーチ兼選手として復帰後、最多得点を挙げるなどの活躍でも話題となり、また、まだあまり知られていなかった卓球の平野早矢香選手にも踵を下ろした武術の動きを指導し、その後、1年を経ずして平野選手が全日本選手権で優勝し、以後卓球女子の世界で日本の代表的選手となった。近年は、力士や日本を代表する現役柔道選手とも手を合わせて指導を行っている。
このようなスポーツの応用以外にも、2005年頃からすでに70回以上に及び音楽家対象の楽器演奏時の身体の使い方の指導講座には、管、弦、打、さまざまな楽器の演奏家が集い、音楽家の常識とは全く異なる武術的に見た自然な身体運用法を指導している。
また、介護法に関しては、やはりそれまでの介護の常識にはなかった手の甲の使い方などを提案し、介護福祉士の岡田慎一郎氏は、この方法を会得し、さらに岡田氏自身の工夫を加え、「古武術介護」という、それまでなかったジャンルを確立して、現在講座・講習会を日本国内のみならず海外からも招かれて指導している。また、仙台で開かれた武術の講習会に参加した小関勲氏は、バランスボードを用いて体のバランスをとる独自の指導をして行く中で、バランス・トレーナーという職業を確率し、その後、ヒモで体の部位を結ぶ事で驚くような効果の出る「ヒモトレ」を考案し、様々なスポーツ選手や障害者の運動機能の向上に驚くような成果をあげている。

このように武術がスポーツ、楽器演奏、介護などに応用されて、社会的関心が高くなったことで、より多くの世界と、より自由な対応をするため、また、武術の一研究者としての立場を明確にするため、2003年武術稽古研究会を解散する。以後、工学、教育等の分野からも関心が高まり、野口聡一宇宙飛行士からの依頼で身体の使い方をアドバイスし、2010年には東大工学部の國吉康夫教授からの依頼でロボット研究に協力している。
海外では2006年、ダンスで世界的に知られているカロリンカールソン女史主宰のアトリエ・ド・パリの招きに応じ、ダンサーに体の使い方を指導。2009年5月は、パリの日本文化会館からの招きで、パリとアルザス地方で講演と講習会を行なう。2012年、ヒューストン、ナッシュビル、シカゴの日本総領事館からの要請により、日本の武術紹介のため、国際交流基金よりアメリカに派遣され、ヒューストン、ナッシュビル、ルイビル、ミネアポリス等で講演と講習会を行なう。
2007年から3年間、神戸女学院大学の客員教授も務めた。 現在、日本各地やヨーロッパで、主に武術に関する講座や講習会を行っている。 さらに、2009年の秋からは数学の独立研究者の森田真生氏と『この日の学校』を立ち上げ、各地で受験や資格を取るためではない学問そのものと向き合う講座を開いている。2012年には、在アメリカのいくつかの州の総領事館から日本武術の紹介のため招かれて講習を行なう。2015年頃から、小関勲氏とヒモトレの共同研究を行い、2016年に共著『ヒモトレ革命』を刊行。その後、このヒモトレから衣類をゴム等で装着する問題に気付いた浜島治療院の浜島貫院長と協力し、衣類をゴム等で装着することが心身両面に大きな負担をかけていることを広く世に訴える活動を行っている。また、ニホンミツバチの農業利用を通して、より自然な農業と、生き方を模索する活動を支援中。

テレビ出演 著書 DVD 出演 出版多数 

高校野球

今回、九州地区高校野球大会予選がとても気になります。

それは、決勝に残った国府高校と熊本西高ともに当院に治療及び体の使い方を指導しているからです。

しかも熊本国府が8年ぶり2回目、熊本西高は創部43年目で今回初のの九州大会出場と言う事らしいです。

両校とも九州大会に出場できて本当にうれしいし、応援しています!

たまに両校のメンバーが当院で合い、話す姿もしばしばみられます。

明日の決勝お互い頑張って下さい。(頑張ろうと思い一か所に力が入らないようにね!)

怪我したら治せばいい事!悔いの無いよう思いっきり自分を出して下さい。

 

トップに戻る
リストから選択して電話発信
藤川整骨院
096-227-3715
整体研究所
096-223-6188
閉じる