肩甲骨の痛みでお困りの方へ

「このままでは四十肩? ほんとうは怖い肩甲骨のコリ」についてお話しさせていただきます。

腕を上げたらビシッ……。

首を曲げたらピリリッ……。

辛いですよね、肩甲骨から来る痛みは。

自分では普通に生活していたつもりなのに、いつのまにやら、背中や肩が痛くなる。

辛いですよね。

これがさらに悪くなると四十型、五十肩となって、腕がだんだんと上がらなくなることも……。

ですが、これも、毎日の習慣で、治すことが出来るのです。

 

肩甲骨の痛みがでる原因

肩甲骨

肩甲骨、つまり背中や肩の痛みには、いくつかの種類があります。

もちろん、素人判断でハッキリと断言できるものではありません。

場合によっては内臓疾患からくる痛みかもしれないのです。

原因としては大きく分けて三つ。

周辺の筋肉の疲労や鬱血によるこわばり
周辺の神経が絞扼されて起きる神経痛
他の部位の異常による、特定が難しく、危険なもの

大前提としては病院での診察です。

怖いものですと、大動脈解離という大きな血管が突然裂けてしまう病気もございます。

素人判断ではあとで後悔することもございます。

 

しかしながら、それ以外。

つまり単なるこわばりや単なる神経痛の場合。

いちいち病院に行くのもおっくうですし、そもそも、病院の先生にも、ただの運動不足だよと笑われてしまうかもしれません。

 

そもそも、こわばりとは何か、神経痛とは何か。

こわばりとは

こわばりとは、簡単に言えば筋肉の異常です。

長時間同じ姿勢で居ることや、あるいは酷使しすぎて炎症を起こしてしまった場合、その部位が硬く強張って、うまく動かなくなってしまうのです。

神経痛

神経痛とは、その支配神経の組織や通り道の神経絞扼状態などにより、伝達する経路や抹消組織に何らかの異常が発生したものと考えています。

場合によっては変形した骨などが悪さをしている場合もあるので、良くならない場合は、とりあえず病院へ行ききちんと検査をして頂く必要がありますが、目立った原因が見当たらないというとき(良くならない場合)は、恐らく強張った筋肉が神経を絞扼しているのが原因と思われます。

つまり、筋肉に異常が起きたとき、

肩甲骨にも痛みが走るということです。

 

肩甲骨の痛みが出る症状

腰痛

肩甲骨の痛みはつらいものです。

身体の中でも大きな面積を占めている部位ですから、ここの調子が悪ければ、いろいろな部分に影響が出てまいります。

たとえば、なんとなく背中がだるい。

書類仕事やパソコン操作を長時間していると、だんだんと背中に違和感が出てきて、動かしづらくなったり、あるいは気分が悪くなったりする……。

たとえば、じわじわと引きちぎられるような鈍痛がある。

ふと気づくと、肩の深いところに、ピリリとした不快感が出て、揉んでも解しても、ぐるりと腕を回しても、しばらくずっと痛いままになっている……。

たとえば、動いた瞬間にビシリとした痛みが走る。

高いところのものを取ろうとした瞬間、あるいは、落ちたものを拾おうと腕を伸ばした瞬間、まるで電気でも走ったみたいな鋭い刺激が走って、しばらくのあいだずきずきとしてしまう……。

程度や、年齢にもよりますし、

生活スタイルや、本人の健康さにも影響を受けるでしょう。

まったく同じ症状が出る人も、あまりいないのではないかと思いますし、

自分が感じている痛みや不快感を、他人に説明することも難しいことです。

とくに、筋肉のこわばりが由来となる痛みとなると、検査などでもはっきりしないことが多く、どうしても、痛みとの孤独な戦いになりがちです。

 

肩甲骨の痛みが出た場合の対処方と注意点

ヨガ

まず、原因としてあげた二つ、

酷使しすぎた場合
運動不足などで固まってしまった場合

とて、対処はどうしても変わってまいります。

とはいっても、酷使しすぎただけであるならば、安静にしてシップなどを貼り炎症を抑えてゆけばじきに良くなってゆくことでしょう。

 

問題は後者、運動不足です。

肩甲骨の運動が必要

完全な解消には生活スタイルの改善以外方法はありませんが、

楽に、症状を和らげる方法は、ずばり”運動”。

運動と言ってもランニングや筋トレではありません。

肩甲骨を動かしてあげましょう。

 

座ったまま簡単にできる肩甲骨の運動をひとつ紹介しましょう。

3分もあれば余裕でできる運動です。

肩甲骨の運動法

*この運動は左右別々に行います。

1,

まず肘を、肩と平行になるように真横に上げます。

次に指先を、鎖骨の付け根(肩側)に付けます。

(手首・鎖骨・肘で、三角形を作りましょう)

2,

次に、ゆっくりと息を吸いながら、肘を上に上げてゆきます。

すこしキープしたら、息を吐きながら肘を下に下ろしてください。

これを左右5回ずつ繰り返します。

3,

そして肘の高さをそのままに、息を吐きつつ、肩を身体の内側へと曲げてゆきます。

肘で反対側の肩を突くような、そんな気持ちで伸ばしてゆきます。

しばらくキープしたら今度は息を吸いながら肘を外へ。

慌てず、ゆっくり、無理の内容に行いましょう。

4,

最後は回転の運動です。

手首・鎖骨・肘の三角形を保ったまま、肩を前に5回転、後ろにも5回転します。

肩周りがポカポカしてきたら成功です。

筋肉は動かさなければ固まってしまいます。

これ以外にもヨガやストレッチなど、いろいろな方法がございます。

ガチガチになる前に、ちょっと重たくなってきたなというところで、ぜひとも”運動”をしてみてください。

 

肩甲骨の痛みの治療について

さて、この一連の流れで、改善が行われ場合はそれで良いのですが、場合によってはもうガチガチでどうしようもなくなっている場合もございます。

その場合は、無理をせず、それ以上悪化が起こる前に、プロにお任せするのが一番です。

 

プロと言ってもいろいろあります。

リフレクソロジー、マッサージ、鍼灸師、整体、柔道整復師……

これらはすべて違うものです。

 

しかも先生によって上手さは全然違います。

飛び込みで目についたところに向かうのは避けましょう。

 

口コミや評判、電話口での対応、

先生が持っている資格や、向こうが提示する治療費用……。

 

面倒ですが、いろいろなものを加味したうえで、選ぶ必要がございます。

 

整形外科で問題なしと言われた場合、

国家資格を有する柔道整復師や鍼灸師、

民間資格を有する整体やカイロプラクティック、

これらを頼ることになります。

 

やはり、どれが良いかは一概には言えず、

そもそも、施術する先生が、複数の資格を持っていることがあるので、どうしても確認は必要なことになります。

 

肩甲骨のこわばりは、放置すれば四十肩・五十肩の原因にもなってきます。

どうしても治らない、日に日に悪化すると言った場合、

早め早めの診断を心がけていきましょう。

首が痛いだけでこんなに私生活に支障が出るなんて思ってもみなかった。

後ろから自分の名前を呼ばれたから振り向こうと思っても思うように動かない首。

少しでも動かそうものなら激痛が走り、ストレスに感じています。

このような首の痛みやストレスを少しでも和らげていただければという思いで記事を書いているので、参考にしてください。

 

首に痛みがでる原因

首の痛み

首にはいろんなことが原因で痛みが出てきます。

身体の一部として重要な役割をしている首なのですが、「足や手などと違って首はあまり動かすことがないから、首に痛みがあるなんて?」不思議に思う人も多いのです。

 

例えばご飯を食べるとき、運動をしているとき、デスクワークなどであらゆる場面で首が大活躍をしています。

 

首を軽視しがちですが、首は身体の中で重要な役割をしています。

なぜなら、6㎏ぐらいある頭を休みなく支えているからです。

 

また、あまり知られていられていないのですが、マラソン選手にも多いのが首の痛みです。

走ることが多いマラソン選手は、走り続けているために、首や肩や肩甲骨などに固い凝りが出てきたりして痛みがあります。

 

うつむき加減の姿勢が多いデスクワークの人にも見られる首の激痛。

音楽であればロックバンドをしている人であれば、首をよく縦や横に振るために頭痛持ち、首にも痛みが伴ってきます。

有名ロックバンドのX-JapanのYoshikiさんが首の痛みがあることでも有名です。

 

それと、人間には老化現象というものがあります。

老化現象で見られるものの1つとしてあるのが、首の痛みです。

 

お年寄りの首の痛みの原因は、頸椎(けいついとは首の骨のこと)を支えてくれている椎間板(ついかんばん)がすり減り、首に激痛の痛みが走ります。

だから、ほとんどのお年寄りの人はこのような慢性の首の痛みに悩んでいます。

 

首に痛みが出る症状

首の痛み

首に出る痛みの症状はそれぞれですが、例えば寝違えからくる痛みは、首を回すのが痛い、でも痛みは1日か2日ぐらいで治ります。

肩こりや身体の凝り

肩こりや身体の凝りからくる痛みの症状は、筋肉が張っているために首の痛みが激痛する場合があります。

肩こりや首の凝りからくる痛みは、血の流れが悪いことから起こります。

交通事故

また、交通事故からくる首の痛みもあります。

このような場合は、何とも言えない首の痛みで激痛が走り、仕事が長期間できなかったり、手が動かせなかったりする症状があります。

交通事故による首の痛みは首だけでなく生活に支障をもたらすので早期の治療が必要です。

頸椎椎間板ヘルニア

首の痛みで一番厄介なのが、頸椎椎間板ヘルニアです。

頸椎椎間板ヘルニアの痛みはかなり深刻で、首だけの痛みではなく手のしびれもあります。

もっとひどい場合だと身体までしびれを起こすこともあります。

 

首を形成している骨は全部で7個あります。人間だけでなくほとんどの哺乳類の首の骨は7個だということが判明しています。

 

なぜ痛みがあるのかというと、その椎間板の真ん中にあるクッションの役割をしたものがつぶれて、椎間板がつぶれて外側に出ているからです。

ヘルニアは軽いものから重度のものがあり、ひどい場合は手術を必要とします。

 

首に痛みが出た場合の対処方と注意点

一般的な首の痛みや、慢性の首の痛みなのか自分で区別がつきにくいですが、少しでも自分で首の痛みを和らげる必要があります。

例えば職業でよく首を使うことが多い人などは、痛みの初期の段階で首の痛みの対処法をしてあげると痛みがひどくなりません。

また、下記に首の痛みが出た場合の対処法9個書いたので、参考にしていただきたいです。

1.目を休めさせ、そして身体を休めさせることが必要です。

2.首の運動を前後ろ、右と横に交互に動かしながらストレッチをしてください

3.肩甲骨を動かすようにストレッチ

4.ラジオ体操をこまめにする

5.自宅では筋肉を温めるためにゆっくりお風呂に入ることも大切です

6.普段の身体の姿勢に気をつける

7.整体やマッサージを受ける

8.寝るときの姿勢に気をつける

9.慢性の首の痛みだと感じたら治療を受ける

上記の9個をすることで首の痛みが少しでも和らぎますが、あまりにも痛みがひどい場合は首を動かさないほうがいいです。

首を動かしすぎたために、痛みが悪化することもあるので気をつけてください。

そして、上記の9個を試しても痛みが治らない場合は専門家に相談することをお勧めします。

しっかりと専門家の治療を受けることで簡単に首の痛みが治ることもあります。

 

首の痛みの治療について

首の痛みで整体へ通うか整形外科に通うか迷う人が多いと思います。

どちらへ行っても間違いではありません。

 

でも、整形外科へ行くとX線撮影をしてもらえて「異常があるかないか」を目視で確認できるメリットがあります。

そこで、医師の判断で首に異常がないと診断された場合、医師と相談しながら接骨院に通うかどうかの施術をするか決めたほうがいいでしょう。

 

整骨院では、電気治療を使用するほか、首の慢性の痛みに聞く即効性の高い高周波治療を実施してくれます。

 

高周波治療では、筋肉の深いところまで届けてくれる身体に優しい治療法で近い道で痛みを和らげて、確実に痛みを取り除いてくれます。

 

もちろん、整骨院によって手法だけの首へ筋肉への矯正針治療もあり、お客様にはどんな治療がふさわしいかを相談しながらアプローチをしてくれます。

 

また、接骨院では、健康保険が使えるところと使えない場合があるので、保険が使える接骨院を探して自分に合った治療を見つけるのが賢明です。

ウインバック

2018年7月18日、当院に2台目となるラジオ波(ウインバック)が仲間しりします

ウインバック(ラジオ波)と言えば美容機と思われるでしょうが、もちろん美容

や治療・体やスポーツのコンデションを整える事にも特に優れていると思います

一台ラジオ波は持ってるじゃないか!と思われるでしょ!

もちろんスティムオン(ラジオ波)も通常のラジオ波にはないDEEP・CETモードが搭載され出力も性能も、使いやすさも現在最も優れたものと思っています。

しかし、ウインバックも姉妹分で出力も同じでDEEP・CETモードも搭載、

惹かれたのは、革新的技術によって考案された様々なアイテム、特にフリーハン

ドによって考えられた施術の自由さと可能性です。

もちろんフランスでアレンジされているので、見た目も洗練されています.

 

私は手技一本であれだけ機械や電気は信用していなかったのに!

昔から私の施術をご存知の方も同じ事を思われていたと思います。

しかし、私も一人の治療者として『もっと早く治したい』『今以上に効果を増したい』と言う『~したい』と言う『欲』が出てきます。

それに合い厳選して使用しているのが、お気に入りのスーパーライザーPX

(レーザー)・筋膜リリース吸引+EMS療法・スティムオン(ラジオ波)です

この有能な効率性の高い最新機器と私の技が合わさる事でより今まで以上の施術(治療)効果が引き出せる事が、治療者としてとても嬉しいです。

と言うことで私のコレクションにウィンバック(ラジオ波)が仲間入りです。

『もっと』治療の可能性を高める為、

『もっと』効果がある治療を探す為、

『もっと』早く治す為、

『もっと』施術の安全性を高める為、

『もっと』笑顔を見たい為

『もっと』治療や美容・スポーツに喜びや感動を感じてもらう為

もはや私の趣味(楽しみ・こだわり・研究)の為といっても言いかと思います。

院名藤川整骨院&整体研究所
住所〒861-5255
熊本県熊本市南区砂原町70-4
最寄駅
アクセス

JR熊本西駅
産交バス 八分字バス停前

電話番号藤川整骨院 096-227-3715   
整体研究所 096-223-6188
受付時間

月曜日〜金曜日
午前  8:30〜11:30   
午後14:00〜19:30
土曜日
午前   8:30〜13:00

定休日日曜・祝日
駐車場約21台分
代表 藤川孝徳
短距離100メートル

2018年7月8・9日で行われました熊本国体県予選で自己新記録更新が出せて良かったですね!

記録は10秒68で一位、おめでとう。私もとっても嬉しいです。

現在の熊本の高校生では一番早いのでは ?

まだまだ、もっと、もっと伸びるよ!

とりあえずの目標10秒5ももう少しだね 

クリアーしようぜ!

小顔矯正

急に申し訳ございませんが、2018年7月7日(土曜)美容関係(フェイシャル・部分やせ・下半身痩せ)等はお休みさせて頂きます。大変ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願いいたします。

体を動かした翌日以降に筋肉痛が起こると、日常生活を送ることもつらく感じます。

ひどいときは、1人で歩くのも難しいこともあるでしょう。

そんな筋肉痛ですが、筋肉痛の仕組みを知っておくだけで、筋肉痛を早く和らげることができます。

筋肉痛の原因や症状、治療法について解説していきます。

筋肉痛はなぜ起こる?原因について

筋肉痛

筋肉痛が起きる原因は、いくつかあります。ここではよくある2つをご紹介します。

筋繊維のミクロの損傷

まず、1つ目は筋繊維のミクロの損傷です。

なんらかの筋肉の運動により、筋肉や筋繊維を酷使すると筋線維がミクロの損傷を起こします。

そうすると、傷ついた筋繊維を修復しようと、体の中でリンパ球や白血などが集まります。

 

たとえば、切り傷が治るのをイメージしてください。

傷口が治り始めると、かさぶたとなり時間が経つにつれて皮膚がくっついてもと通りに治ります。

 

これと同じことが筋肉痛になったときも、体の中で起きているのです。

体内では損傷した筋繊維の修復作業が行われると同時に、炎症反応が起こり痛みを伝えるのです。

急に体を動かすことで、筋繊維の損傷が起こりやすくなります。

 

どんなスポーツでも、運動前にストレッチや体操から始めウォーミングアップから徐々に本格的なトレーニングをするのはこのためです。

 

脱水症状

2つ目は、体内で脱水症状が起きたことです。

筋繊維の損傷を起こしやすくする原因として水分不足が挙げられます。

運動前に水分補給をしないことや、運動により水分が体内から失われると血流が悪くなり、筋肉や血管へ酸素が運ばれなくなってしまい、筋肉への負担が大きくなります。

運動をするときは、体をほぐしこまめに水分を補給しましょう。

 

筋肉痛はどのような症状?

筋肉痛

筋肉痛は、体を動かした翌日以降に特に酷使した部分の筋肉に痛みが生じます。

なんとなく痛む感じがする程度で済む場合もあれば、1人では歩けない、立ち上がることができないほど、重度の症状が出る場合もあります。

 

筋肉痛は、普段動かさない筋肉を使ったときや、ハードなトレーニングをしたときに起こります。

いつも以上に筋肉を酷使すると、使い過ぎた部分の筋肉が疲労を起こし、血流が悪くなった患部は硬くこわばり痛みを覚えます。

筋肉に疲れが溜まり、患部を動かす度に鈍痛を感じたり患部が重くだるい感じがしたりするのが、筋肉疲労による筋肉痛の特徴です。

筋肉疲労による筋肉痛は、肩こりに近いイメージです。

また、使われ慣れていない筋肉を急に使ったり、激しい動きに筋肉痛が急に引っ張られたりすると筋線維が損傷することがあります。

筋繊維の損傷では、炎症反応が起きひどい痛みを伴います。

疲労状態の筋肉痛よりも、筋繊維が損傷したときの筋肉痛のほうが症状は重く、肉離れのような強い痛みを感じます。

動く度に激痛を感じ、痛みで歩行が困難になることもあるでしょう。

筋繊維の損傷があれば、筋肉疲労で済んだ筋肉痛よりも、症状が回復するのに時間がかかってしまいます。

 

一般的な筋肉痛の治療について

筋肉痛治療

筋肉痛は、体を動かした翌日以降に特に酷使した部分の筋肉に痛みが現れます。

 

なんとなく痛む感じがする程度で済む場合もあれば、1人では歩けない、立ち上がることができないほど重度の症状が現れる場合もあります。

筋肉痛は、普段動かさない筋肉を使ったときや、ハードなトレーニングをしたときに起こります。

いつも以上に筋肉を酷使すると、使い過ぎた部分の筋肉が疲労を起こし血流が悪くなった患部は硬くこわばり痛みを覚えるのです。

 

筋肉に疲れが溜まり、患部を動かす度に鈍痛を感じることや、患部が重くだるい感じがするのが筋肉疲労による筋肉痛の特徴です。

 

筋肉疲労による筋肉痛は、肩こりに近いイメージです。

使い慣れていない筋肉を急に使ったり、激しい動きに筋肉痛が急に引っ張られたりすると、筋線維が損傷することがあります。

そういった筋繊維の損傷は、炎症反応が起きひどい痛みを伴います。

 

疲労状態の筋肉痛よりも、筋繊維が損傷したときの筋肉痛のほうが症状は重く、肉離れのような強い痛みを感じます。

 

動く度に激痛を感じ、痛みで歩行が困難になることもあるでしょう。

筋繊維の損傷があれば、筋肉疲労で済んだ筋肉痛よりも、症状が回復するのに時間がかかってしまいます。

 

筋肉痛を治療するときの注意点

ポイント女性

筋肉痛が起きたときは、痛みを緩和するために湿布を使う人が多いのですが、皮膚が弱い人は湿布でかぶれてしまうことがあります。

 

特に、腰や脇腹など皮膚が柔らかく、衣服に覆われて通気性の悪い場所ではかぶれが起きやすくなります。

湿布かぶれが気になる人は、湿布と同じ効能があるスプレータイプのものや、ローションタイプのものを使うと良いでしょう。

 

血流が悪いままだと、筋肉痛の治りも悪いので意識して体を温めるようにしましょう。

そして、しっかりと睡眠をとり、筋肉痛が治りやすい体を作ることも大切です。

食事から十分な栄養を摂ることも大切です。

 

筋肉を作るたんぱく質、体の修復を促すビタミンB群をしっかり摂取すると、筋肉痛の症状が改善されやすくなります。

 

湿布薬の使用や、体を温め、睡眠をとり、栄養を摂ることで、自分自身の自然治癒力を高めましょう。

それでも、痛みが引かない場合は、軽い筋肉痛と考えず、医療施設(整骨院を含む)で適正な処置をしてもらいましょう。

 

筋肉痛は長引くと日常生活に支障をきたす場合もあります。

痛みを軽減し、繰り返さないためには医師、柔道整復師などに相談することが近道かもしれません。

熊本市の藤川整骨院&研究所では、筋肉痛をはじめ多くの症状に対応できる治療環境が整っており、確実に治療することができます。

熊本市にお住まいの方で、筋肉痛にお悩みの方はぜひご相談ください。

背中の痛みは私生活において、歩行や睡眠時など些細な運動をすることさえも困難にさせる痛みの1つ。

痛みが原因で、体を動かすことに恐怖心が芽生えることもあり、自由が制限されることもあります。そんな辛い背中の痛みに対して諦めるのではなく自分にあった治療法を試して見ることで長年の悩みを解決することができるかもしれません。

痛みのない生活を取り戻し自由に運動や日常生活を遅れるようにするためにも背中の痛みを諦めるのではなく治療に向かっていただければと思います。

 

背中に痛みが出る原因

腰痛

背中に痛みが出る原因はいくつかあるので以下で見てみましょう。

姿勢の悪さ

その1つは姿勢の悪さです。

姿勢が悪い状態を続いていると骨格のバランスが崩れてしまい、一部分の関節や筋肉に負荷が集中してしまうことでやがて背骨が変形し、神経を刺激することで背中に痛みを発症することがあります。

長時間同じ姿勢をする

ほかにも、パソコンなど使う仕事に携わっている人は、長時間同じ姿勢を継続することで、腰や背中に負担がかかってしまいます。すると筋肉に疲労が溜まり、血行の流れが悪くなることが原因で痛みを発症することがあります。

 

背中の痛みは疲労や毎日の生活習慣が原因であるだけでなく、内臓や胆石など病気が原因によって背中に痛みを発症することもありますので、背中に痛みを発症している場合はしっかりと検査を受けて原因を特定することが大切と言えます。

胆石

胆石が原因による背中の痛みについては、胆管や胆のうに細かい石があることで神経を刺激し胆のうの近くある背中あたりに強い痛みが走ることがあります。

ウイルス

また、インフルエンザやウイルスなどの影響により背中の筋肉が痛むことがあります。細菌やウイルスの感染が原因による背中の痛みもあるので、どのようなことが原因で背中に痛みを発症しているのか診察を受けておくのが良いでしょう。

 

背中に痛みが出る症状

腰痛

背中に痛みの出る症状は、背中の疲労です。

過度な運動

過度な運動を行い背中に大きな負担を与えてしまった時には背中周辺の筋肉を傷つけてしまうことで背中に痛みを発症することがあります。骨と骨をつなぐ関節や筋肉を痛めてしまうことがないように無理のない範囲で運動をおこないましょう。

オフィス勤務

また、長時間同じ姿勢をとり続けることで発症する背中の痛みについては、立ち仕事をしている人やデスクワークを行うオフィス勤務携わる人は、注意が必要です。同じ姿勢を続けることで背中が緊張した状態になるため、筋肉疲労が蓄積しさらには血行が悪くなること重なって背中の痛みやコリなどの痛みを発症する場合があります。

椎間板ヘルニアや頚椎の損傷、変形性脊椎症など

その他にも椎間板ヘルニアや頚椎の損傷、変形性脊椎症など背中に関わる症状が原因となって背中に痛みを発症させている場合があります。

このような病気以外の症状による背中の痛みが発症している場合は、整骨院で治療を受けることで痛みを和らげることができることもあります。

整骨院に通うことで血行の流れを良くし、痛みを取り除いたり痛みを緩和したりする効果ができるほか、疲労によるコリや骨格のズレを補正することや、ほぐしてあげることで痛みを取り除くこともできる場合があります。

 

背中に痛みが出た場合の対処方と注意点

背中に痛みが出てきた場合の対処法は、ストレッチです。

ストレッチ

同じ姿勢を続けていることで筋肉が凝り固まり痛みを発症している場合は、ストレッチをして、筋肉を伸ばしてあげることで、痛みを取り除き緩和する効果が期待できます。

 

両手を組んで頭の上部に向かって伸びをすることで背中の筋肉が伸ばされ、血行の流れを良くすることができるので短時間のストレッチでも効果を期待できます。

接骨院

また、自己流のマッサージでは痛みを取り除くことができない程度の痛みに悩んでいる場合は、プロの整体師がいる接骨院で治療を受けるのがおすすめです。整骨院では、正しい姿勢矯正やストレッチ、ラジオ波による温熱療法などによって治療を行っていきます。

 

プロの整体師によって適度に力を加えることで骨盤バランスが崩れてしまった状態を強制的に正しい位置に修正することによって痛みを徐々に取り除いていくという方法です。

 

ただし、接骨院による治療はあくまでも応急処置であるということを忘れてはいけません。本当に大切なことは、背中の痛みを発症した原因を根本から解決しなければまた時間がくれば痛みを再発してしまうことがあります。姿勢が悪いことが原因であれば、正しい姿勢を体で覚える必要がありますので、原因を把握して治療を行いましょう。

背中の痛みの治療について

整骨院で行われる背中の痛みに対する治療法は、姿勢矯正、温熱治療、正しい姿勢にするストレッチ法です。

姿勢矯正

姿勢矯正では、パソコン業務をしている人やスマホを長時間見ている人は頭が下に向きがちであるため、肩甲骨や背中に向けて肩が内側に巻き込む形になっていることが多々見られます。

 

このような状態を続けていると猫背になり血行が悪くなるため、整骨院では姿勢矯正を行い正しい位置に肩の位置を矯正する治療を行います。

温熱治療

また、温熱治療では、冷えが原因によって背中の血流が悪くなり、血液内の炎症を体の外へと送り出すことができず背中に滞留し痛みが一部分に残ることがあります。温熱治療を行うことで背中の温度を上昇させ、血流を良くすることで痛みの原因である物質体の外へと送り出すことができ痛みを緩和する効果が期待できます。

 

また、筋肉を温めることで筋肉が柔らかくなり背中のコリやハリを緩和する効果も期待できることから温熱治療が一般的な治療法となります。

トップに戻る
リストから選択して電話発信
藤川整骨院
096-227-3715
整体研究所
096-223-6188
閉じる