自律神経失調症

自律神経失調症

自律神経失調症・更年期障害の人

熊本市の藤川整骨院&整体研究所では自律神経失調症に特化した整体施術法と最新機器(スーパーライザーPX・ラジオ波等)や手段を用い体と心のストレスを根本的に改善!熊本で多くの自律神経失調症の症状などでお困りの方に!自律神経失調症・更年期障害・慢性的な痛み・起立性調整障害・過敏性腸症候群・倦怠感・アレルギー・便秘・不眠症など、当院では頚部・背骨・骨盤矯正整体で構造から自律神経全体へ、星状神経節照射法で交感神経ブロック、ラジオ波で温めながらお腹への手技を同時に行う事で副交感神経・腸内環境や腸の働きを促すなど、色々な角度からアプローチしていきます。

この様な痛みや不調、不快な症状に悩んでいませんか?

  • 頭痛・めまい・耳鳴りがよくおきる
  • 立ちくらみ・吐き気よく起こす
  • 肩こりや腰痛がなかなか治らない
  • 手足がしびれたり、だるい時が多い
  • 手足が冷える、体がほてっている
  • 生理不順がある
  • トイレが近く何回もする(頻尿)
  • 胃腸の調子が悪い、食欲がない
  • 腹痛や便秘・下痢を繰り返す
  • 朝に疲労感を感じる、体が重い
  • やる気が出ない・だるい(倦怠感)
  • 仕事や学校に行きたくない
  • 夜なかなか寝れない(不眠症)
  • 気候の変化に左右される
  • 動悸や息苦しくなる時がある
  • なぜか肌荒れ・抜け毛がひどい
  • いつもイライラしている
不調を感じている女性達の絵

上記の様な不調や症状がある方は、とにかく病院へ行き検査を行い原因を調べる事をお勧めします。 もし特別な原因が見つからなければ、ストレスによる自律神経失調症と診断される場合もあり、診 療内科、神経科、など勧められ安定剤や血流が良くなる薬、精神安定剤、睡眠薬等頂き生活の見直しを指導され ると思います。又個々の症状が辛い方は婦人科、耳鼻科、胃腸科、整形外科など受診される方もい らっしゃると思います。しかし原因がストレスや構造、身体の捻れによるものであれば、薬で症状はある程度抑えられ るかもしれませんが、根本的解決にはならず、長期間ストレスにさらされ、身も心も病み、うつ状 態になられる方も少なからずいらっしゃるように感じます。

自律神経失調症と言われる多くは、体に何かしらの症状が出現しているにも関わらず、病院の検査では 異常がない、もしくは原因不明とされるものが多いのではないでしょうか。 症状は頭から足先まで様々な症状がでてきます。簡単に言うと昼間は交感神経が働き、脳や体を活動させ、夜は 副交感神経が働きリラックスさせたり体の疲れを回復させたりしています。 身体の調節機構であるこの自律神経が乱れバランスが崩れた事によって起こるもので、各器官を活動させたり、休息させるとい うコントロールがうまく制御できず、全身の器官にさまざまな不定愁訴があらわれてきますが、多くの場合交感神経の緊張が強く表れている症状が多いと思われます。この交感神経の過緊張によりひき起こされる数多くの症状が自律神経失調症と言われるものです。

恒常性

自律神経の中枢は視床下部にあり、全身の器官をコントロールしているます、又、自律神経系(身体機能の調節)内分泌系(ホルモンの分泌)・免疫系(病気から体を守る)がお互いに深くかかわり合いながら、身体を維持しています。交感神経の過緊張状態が続くと、このバランスが崩れ内分泌系や免疫系に影響し正常に働かったり、全身の機能に支障を来たします。精神的ストレスや身体的ストレス、環境ストレス、など様々なストレスにより、多岐にわたる数多くの症状が身体や心にまでも表れてきます。

自律神経失調症に対する当院の施術

自律神経の施術内容

●当院では様々な自律神経失調症の症状改善に積極的な治療施術を行っています。 

自律神経・内分泌系・免疫系は互いに影響しあいバランスを保っています。

これらは深く深く関係仕合い、慢性的症状や突発的症状に陥ってしまう悪循環のスパイラルを構成します。私はその悪循環を同時多発的に様々な角度(身体の痛み・構造・ストレス、腸内環境、)から積極的にアプローチして良循環を作るお手伝いをしたいと思っています。

特に、構造体としての問題が自律神経の乱れを招き、様々な病気 の原因となっている場合、その構造を修正す る事で機能的にも、自律神経系・内分泌系・免疫系へも同時に良い影響をもたらすと考えています。

構造や痛みのストレスを改善すると精神状態・体質や体調、 気分までもに影響します。 安定剤や痛み止め・局所の血液循環を改善させるだけの対 症療法とは異なり、本質的な捻れや歪み、筋膜の修正を行 い骨格を取り戻すと姿勢や臓器・機能が本来の姿 に戻り自律神経が正常に働くようになり、血液循環も改善され自然治 癒力が促進し、身体機能や能力を十分に発揮出来る様 になります。

根本 的に構造の改善する事が重要だと考えています。 当院では効率よく同時に自律神経失調症の治療に対する整体施術(肩こり・猫背調整・頚椎、背骨、 骨盤矯正と調整)や三軸修正法療法・三軸バランステ ープ療法・骨ストレッチ療法・操気療法・波動療 法や近赤外線レーザー(星状神経節照射)・ラジオ波・メディセル筋膜リリースハイブリッド吸引療法(筋膜と筋肉を整える) など様々な積極的アプローチ手段を用意しています。これらの療法を一人一人の症状や状態に合わせ、その日の施術内容を作ってオーダー施術を行います。

※長い間の体調の悪さから抜け出す際、好転反応がみられる場合がございますが、長くは続かず落ち着く場合がほとんどです。

身体の構造的負担「歪み、捻れ」と自律神経

骨盤矯正 体の捻れ 女性の肩と背中

自律神経失調症と整体(骨盤調整法)

姿勢が悪かったり、同じ姿勢や、同じ動作を繰り返す事などにより、筋肉の 引っ張りや硬結、筋膜の癒着、萎縮などにより、骨格までもが歪みや捻れ等 の身体に構造上の問題を引き起こします。またそれらの事が自律神経系の動き にも大きく影響を与えると思います。
人間は骨格だけで楽に体を支える様にできています。日常生活の中で気づかぬ 内にがまんしながら、ごまかしながら生活していると、筋肉が過緊張し、固く なります。筋膜が癒着して動かしにくくなります。姿勢も崩れます。それが体 全体に波及して骨を引っ張り捻れや歪みを引き起こし筋肉のバランスを崩しま す。、崩れながらにもその中で体を支えようとバランスをとろうと働きます。そ れらが、コリや痛みをおこし交感神経が刺激され血行が悪くなり、『痛みの悪循 環』に陥って慢性的なものになり、その痛みがストレスとなって悪循環を招き 機能不全や様々な症状が現れます。また、体や筋肉、筋膜に捻れや筋緊張、癒着 があると、背骨・骨盤・頚部にある交感神経や副交感神経に影響を与え、蔵器の 調節に影響する事にもなります。例えば背骨が歪む時は捻れも伴います。背中は 張り、胸部、腹部は緊張し収縮して内蔵全体が圧迫され血液の循環も阻害され、腸内環境にも悪影響を与えます。 尚且つ捻れた状態なので横隔膜も捻れ、肺も大きく膨らみづらく浅く短い呼吸になりがちです。 この短い胸式呼吸法は交感神経を刺激します。このように構造の一つの問題からも自律 神経に大きな影響を与えています。そんな事が沢山あるのです。

交感神経の中枢 星状神経節へ

自律神経 レーザー 星状神経節
自律神経 レーザー ハンド照射

●【交感神経への直接アプローチ】『最新型スーパーライザーPX(近赤外線レーザー治療器)』 星状神経節近傍照射療法により交感神経の集まった所『星状神経節』に直線偏光 近赤外線を照射すると自律神経の働きをつかさどる脳の視床下部に刺激が伝わり脳の 血流が促進され、交感神経の緊張が緩和されます。
この療法はほとんどの大学病院で使用され、神経節ブロックの補助的治療として高い 評価を受けている治療方法で、痛みもなく、副作用の心配もなく安全で子供から高齢 者まで使用でき、神経ブロック療法(注射)の約70%~ 80%の効果を得る事が出来 ると言われています。
自律神経失調症をはじめ、ホルモンや血流の悪化が原因とされる病気に対して、非常 に優れた効果を発揮し、100以上の臨床報告が発表されているものです。

副交感神経 温熱療法 第2の脳(腸内環境へ)

自律神経 ラジオ波
自律神経 ハイブリッド
自律神経 頭 筋膜

●【副交感神経・腸内環境へのアプローチ】当院では頚椎・背骨・骨盤の矯正や調整で副交感神経の中枢である場所に手技で、その中枢神経にレーザー療法照射し、又、ラジオ波と手技を使い直接腹部を温めながらお腹への手技を同時に行う事で副交感神経・腸運動・細菌活動も活発になり、代謝や免疫など女性に多い冷え・便秘・むくみ・不眠など積極的にアプローチしていきます。また腸は60%免疫細胞が在中いると言われていて副交感神経も大きく関与しています。ストレスにより腸の動きも悪くなってセロトニン合成が減り、自律神経失調症をはじめ更年期障害やうつ病にもかかり安くなるとも言われています。副交感神経・腸の元気を取り戻『更年期障害』や『うつ病』にもアプローチできればと想い行っています。

※セロトニン・・脳で5%、腸内で95%作られると言われています、一般に幸せホルモンと言われ三大神経伝達物質の一つで不足すると、
・疲れやすかったり
・痛みをより強く感じたり
・集中力が無く、イライラしたり
・身体のリズムが乱れたり
・ストレスに弱くなったり、
・情緒不安定だったり、
・なかなか寝れない(不眠)だったり、
・体温の調整だったり
・食欲の制御や、消化吸収など
体調や精神面のトラブルが出ると言われています

腸内で作られたセロトニンの濃度(腸内細菌が影響)が脳の働きに影響を与え、脳のセロトニンの量が変化する事が現在解ってかっています。

又、強いストレスは腸内でセロトニンの過剰分泌(腸内細菌環境の悪化)で過敏性腸症候群などにも関与していると言われます。

当院では腸内環境(細菌バランス)維持のお手伝いとして、ひいては脳内セロトニンの分泌バランスの為、星状神経節照射と合わせ、ラジオ波による温熱療法を活性化のきっかけとして積極的に行っています。

自律神経(交感神経と副交感神経)

自律神経は、内蔵や器官の運動を支配し、生命の働きを維持する為に自分の意思とは関係なく24時間働き続ける神経で交感神経と副交感神経とがあり相反した2 重支配を受けます。

スーパーライザー・自律神経系の働き
交換神経

交感神経は脊髄胸腰部の各骨の外側にあり神経節は頚部や脊柱にあり内蔵や器官の機能を支配しています。「闘争と逃走の神経」と言われていて、緊急事態や危機に直面した時、又、精神的な刺激に対しても優位になる神経です。

交感神経の作用

運動時など体が興奮しているときに動く活動するための神経

交換神経が働くタイミング
自律神経 PCを前に悩む女性
交換神経に関する働きと症状
副交感神経

副交感神経は脳幹または脊髄仙骨部にあり神経節は支配される器官の中にあり内蔵を支配しています。
「休養と栄養の神経」と言われていて、疲れや回復を促す効果があります。
食物の消化吸収や疲労回復の為の睡眠などは副交感神経が優位に働きます。

副交感神経の作用

食事中や睡眠時・リラックスしている時に働く休憩するための神経

副交感神経の働き
副交感神経 入浴中の女性
副交感神経に関する働きと症状

自律神経とストレスの影響

ストレスと考えられるもの

中枢は視床下部にあり、悩みや不安、プレツシャーや恐怖など脳が受け、ストレスと感じ長期間に及ぶ場合は視床下部が失調状態になりますまた自律神経は全身の器官をコントロールしている為、特に交感神経の過緊張が長く続くと、バランスが崩れホルモン分泌や免疫系が正常に働かったり、全身の機能に支障を来たします。

ストレスを長時間感じ続けていると

精神的なストレスを感じると視床下部は自律神経や内分泌を介して腎臓(副腎)から抗ストレスホル モンを分泌しストレスに抵抗すると言う自己調整機能を働かせ恒常性を維持しようとします。しかし 長時間ストレスを感じ続けると体内時計や自律神経のパランスは乱れ腎臓から分泌されるコルチゾー ル(ステロイド)の分泌も過剰になってしまい疲労した状態になります。
また腎臓の疲労が続くとやがてコルチゾールの分泌がされにくい状態になり分泌が減少すると肉体に も精神にもあらゆるストレスにや刺激に虚弱になり、普段の忙しい生活に流され知らず知らずに上記 の様な症状に陥っているかも知れません。これらを放置しつずけると自律神経失調症やうつ病などの精神疾患をも発症 する可能性が高くなります。

ストレスを感じている女性
交感神経の緊張と病気

それらにより隣図の様に、ストレスから自律神経では交感神経の緊張で副腎からアドレナリンの 過剰分泌で血行障害、心拍数の増加、顆粒球の増加により、リンパ球の減少で免疫力が低下し、 また内分泌系では脳下垂体から腎臓より抗ストレス反応によりストレスホルモンを分泌させ、血 中に流し、リンパ組織(リンパ節や胸腺)が萎縮してリンパ球が減少する為に免疫力が下がり病気にかかりやすい状態になります。

ストレス・交感神経と健康の関係
ストレスが身体に及ぼす影響

ストレスから心理的反応、行動的反応、身体的反応や兆候が数多くみられます。それらは複雑に絡み合い精神状態、行動、症状・状態など関連しそれがストレスとなる悪循環に陥っています。
例えば身体にでる自律神経失調症の症状として頭痛、めまい、吐き気、耳鳴り、顔面麻痺、ヘルペス、動機、肩こり、腰痛、手足のしびれ、冷え、疲労、胃腸障害、便秘、不妊、生理痛、不順、頻尿、下痢、不眠、血圧など数えきれない症状があるとおもいます。

この様な症状は何かと忙しい現代社会において増加していると思われます。様々なストレス要因があり、何かと敏感 に反応し考えてしまう方に多いようです。なかなか他人には分かって貰えず、日々耐えて生活を送っている方に多く、 特にホルモン分泌の変化が大きくバランスを崩しやすい女性が陥りやすいものと考えます。又、成人に限らずストレス社会に生きる子供らにも当然同じような症状が出現したりします。ひどくなる前に親が気づいてあげる事が大事で、早期の治療が体調悪化や引きこもりなどを未然に防ぐ事ができると考えます。 自律神経失調症(障害)は慢性化してしまうと『うつ病』へと以降する可能性が出てきます。

当院が得意で最もアプローチし易いのは身体的反応から心理的反応、行動的反応、ストレスに対して攻めて行く事です。その為には様々な視点、角度からアプローチし、全体的又、顕著に現れている部分的な症状や状態に積極的に攻めて改善していきます。それが精神的心理的安定へと繋がり、行動も落ち着いて、良循環へと導く手段と思い行っています。

自律神経失調症 施術の組立

当院の施術の組立 ラジオ 波 近赤外線レーザー療法 メディセル筋膜リリース 三軸修正法・バランス療法 骨ストレッチ療法 背骨・骨盤矯正・調整法
自律神経症の施術の組立
院名藤川整骨院&整体研究所
住所〒861-5255
熊本県熊本市南区砂原町70-4
最寄駅産交バス 八分字バス停前
JR熊本西駅
電話番号藤川整骨院 096-227-3715   
整体研究所 096-223-6188
受付時間月曜日〜金曜日 午前8:30〜11:40   
午後14:00〜19:30
土曜日 午前 8:30〜13:00
定休日日曜日・祝祭日
駐車場約21台分
代表 藤川孝徳
トップに戻る
リストから選択して電話発信
藤川整骨院
096-227-3715
整体研究所
096-223-6188
閉じる