ブログ

五十肩でお困りの方へ

急激な肩の痛みにお悩みの方はいませんか。

肩こりかも、と思って治療を行っているけれど一向に良くならない、むしろ痛みが増すといった方も多いのではないでしょうか。

もしかしたらその症状五十肩かもしれません。

名前は知っているけどどういったケガかわからない方もいると思うので、五十肩の症状やケガの特徴を詳しく紹介していきたいと思います。

五十肩ってどんな症状?

五十肩

ここでは五十肩の症状について詳しく紹介していきます。

  • 腕を上げるときに痛む
  • 服を着る、脱ぐ動作が大変
  • 肩こりの治療をしてもよくならない
  • 夜になると痛む
  • 片方の肩だけが酷く傷む
  • 肩が痛んで寝られない
  • 急激に痛むようになった

こういった症状に当てはまる方は五十肩になっている可能性があります。

肩の周りは、関節、筋肉、靭帯など多くの重要な組織がまとまってできているとっても繊細な場所です。

少しでも何かを痛めると痛みとして肩に出てきます。

五十肩は、何らかが原因で肩の周りの組織が傷つき痛みとして現れます。

他にも、レントゲンやMRIなどで異常が出ない場合でも痛みがある場合は「肩関節周囲炎」と診断され、これも五十肩と言われています。

こういったことに繋がる原因はいっぱいあるので紹介していきます。

五十肩の原因

医者

  • PCやスマートフォンの使い過ぎ
  • 酷い肩こり
  • ストレス
  • 寝不足
  • 姿勢不良
  • 骨盤のズレ
  • 慢性疲労
  • 運動不足
  • 長時間同じ姿勢でいる

一見肩に全く関係ない!と思う方もいるかもしれませんがそうではありません。

体の歪みで起きる血流の詰まりや筋肉のコリが積み重なることによって50代になって肩に異常が現れると言われています。

歪んだ姿勢で過ごしていたり、長時間同じ姿勢で過ごしたりすることは、実は、体に大きなストレスを与えていて、気づかないうちに体にダメージを与えているのです。

慢性化した五十肩はそう簡単には治らず、頭痛や首の痛み、腰痛なども引き起こしたり、全身に影響を及ぼすすこともあります。

そうなれば治療に長い時間を要することになるため、少しでも体の不調を感じたら治療を受けることをおススメします。

よく、五十肩と同時に効くことの多い四十肩ですが、違いはありません。

40代になると四十肩、50代になると五十肩というとらえ方をしていいかと思います。

当院での五十肩の治療法

ハートフル

普通の整骨院で行うマッサージ、指圧の治療法だけでは五十肩はよくなりません。

動かしにくい肩を強引に動かしてストレッチを行うことも根本的な治療法にはつながっておらず、大切なのは肩周りの固まった筋肉をしっかりと和らげて可動範囲を広げてあげることです。

痛い肩周りをしっかりとほぐして血液をしっかり流してあげることで徐々に痛みを取っていく方法で治療を行います。

当院の治療方針として早期症状の緩和と改善を考えています。熊本市で唯一取り入れている最新機械を使用して当院でしかできない治療を行っています。

ラジオ波

当院ではラジオ波を使ってじっくりと体の内部から温めていきます。

温めることで血液の流れがよくなるので筋肉の過度な緊張を取り除くことができます。

当院で使用している機械は2つのラジオ波を搭載していて、部位にあわせた心地よい暖かさで治療を行うことが可能です。

また、EMS電気刺激とラジオ波を同時に出せる機能を搭載しているので、より深く温めて治療を行うことができます。

近赤外線レーザー

直線偏光処理した光を使って患部に直接アプローチをしていきます。

近赤外線の治療は光を当てるだけなので痛みは伴いません。

光を当てることで肩の痛みを鎮めて、しつこい痛みを早く鎮めていきます。

副作用とかも特にないので体に負担をかけずに治療を行えますよ。

こういった治療を行いながら一人一人にあった治療を行っていきます。

五十肩は治ります!

病院で様々な治療を受けていろんな方法で治療を行ったって来たというかたも多いと思います。

痛い思いをして治療を行った方は特に「もう治療なんて嫌だ」と思うのは仕方ありません。

しかし、当院は出来るだけ痛い治療をぜず五十肩の症状を治していきます。

誰でも年は取りますしガタが来るものなので、年を取ったからがたが来たといって諦めないでください。

さらに、20代30代の方も五十肩を発症する可能性は十分にあります。

若くして肩を痛めることは非常に痛手。

五十肩の発症をなるべく遅くさせるためにも予防が必要になってきます。

若いうちに体の歪み、肩こりを最小限に抑えておくことによって年を重ねた時にくる体の不調を軽減することができるのです。

その為にも、若いうちにしっかりと体と向き合ってメンテナンスをしていきましょう。

当院ではケガの治療の他にも骨盤矯正や姿勢矯正、肩こり・ぎっくり腰など幅広い症状の治療を行っています。

症状がなく、体のメンテナンスをうけたいということも可能ですので若い時にしっかりと体に気を遣う時間を設けてください。

五十肩などの症状は痛くなってからの治療はもちろん、日頃の積み重ねがとっても大事です。

自分の体を過信せずに、しっかりと自分の体と向き合ってくださいね。

肩こりも治療できます

肩こりは現代に生きる日本人の多くが悩んでいる体の不調の一つです。

肩がガッチガチに凝ってしまうと頭痛やめまい、吐き気手のしびれなど身体にも支障をきたすので放っておきたくても放っておけないものです。

自分や家族にマッサージをしてもらっても、市販の肩こり用の薬を試してもよくならないなんて人も多くいらっしゃいます。もちろんマッサージも大切ですが、肩こりの本当原因を見つけて治療しない限りはあまりよくなりません。

肩こりの原因は大きく分けて4つありますが、今回は4つの原因すべてを詳しくみていきたいと思います。

肩こりの原因

肩こり

  • 体の歪み

人の体は普通に生活をしているうえで大きく歪んでしまいます。

同じ方向に鞄を持っているや、同じ足ばっかり組んでいると体はみるみる歪んでしまい、それに伴って首がどんどん前へ出ていってしまいます。

この姿勢を猫背といい、猫背になってしまうと首・肩周りの筋肉がどんどん引っ張られていき、元の位置に戻ろうと首・肩の筋肉たちが頑張ってしまいます。

頑張りすぎて筋肉がどんどん緊張していき肩こりという症状で現れるのです。

  • 運動不足

現代の人たちは、パソコンやスマートフォンをよく使う生活になり、運動不足になっていると言われています。

といってもそれなりの運動をするには結構な時間がかかるため、忙しく生活している現代人には運動不足を解消することはとても難しい問題になってきています。

運動不足になると、肩周りの筋肉を動かすタイミングがなくなり緊張状態になって凝り固まってしまいます。

また、パソコン・スマートフォンのやりすぎで姿勢不良にもなってしまうので、どんどんと症状がひどくなってしまいます。

  • ストレス

精神的ストレスや身体的ストレスを体が受けることによって、人の体を整えている

自律神経に影響がでます。

自律神経とは、体の調子を調節する神経で「交感神経」と「副交感神経」の2つに分かれています。

この二つがうまくバランスをとっていることで人は健康に暮らしていますが、強いストレスを受けることで二つの神経のバランスが崩れて肩こりの症状があらわれます。

このほかにも頭痛などの体の中の不調も出てきてしまうとっても厄介なものです。

  • 冷え性

女性に非常に多い冷え性。お悩みの方は大勢いるのではないでしょうか。

女性に冷え性が多い理由は、女性の体構成にあると言われていて女性は男性に比べて熱熱を作る筋肉量が非常に少なく、皮膚の表面温度が低いためと言われています。

また、女性特有の月経などの影響で血液が十分に手足に届かず冷え性という症状であらわれます。

冷えと肩こりはあまり影響がないのでは?と思った方もいるかと思いますが、血液の巡りが悪いというところに原因があります。

血流の滞やめぐりの悪さが肩周りの筋肉にも起こり肩こりが引き起こされます。

特に、夏場の冷房がしっかりと聞いているオフィスで仕事をしている方は、より強い肩こりを感じてしまうでしょう。

 

4つの原因をまとめてみましたが、当てはまる原因はありましたか?

原因は違いますが、共通する肩こりの特徴は「肩周りの筋肉が固くなってしまう事」

当院ではこの固くなった筋肉たちを柔らかくしていく治療方法を推薦しております。

 

肩こりの他にも肩周辺に痛みを伴う疾患があるので紹介します。

 

四十肩、五十肩

悩む

酷い肩こりと勘違いをして当院に助けを求めてくる患者さんは少なからずおります。

四十肩や五十肩は肩こりとは全く別の疾患になり、原因がコリではなく肩の炎症になります。

服が着づらくなったり、万歳がしにくい・痛みがでると感じるようになったりしたら四十肩・五十肩を疑ってみてください。

 

四十肩・五十肩の正式名所は「肩関節周囲炎」といわれていて、4・50代の方が多くかかることから四十肩や五十肩と呼ばれるようになりました。

 

肩こりと違いきちんとした原因がはっきりしていないのが現状で、有力な原因は「老化現象」といわれています。

治療方法は基本的に肩こりと同じ方法を取らせていただいて、痛みの出ない程度に肩の可動範囲が広がるように治療を行っていきます。

 

 

当院での治療法

当院では肩こり四十肩にはメディセル筋膜リリースという機械を使用して、人の手では届かないような体の深いコリにアプローチをしていきます。

メディセル筋膜リリースとは、体の歪みなどで歪んだまま筋肉に癒着してしまった筋膜を剥がして、リンパや血流の循環をよくする方法です。

勿論マッサージや体操でも歪んだ筋膜を剥がすことはできますが、すぐに戻ってしまったり、さらに歪んで筋肉に癒着してしまったりする場合があります。

筋膜リリースを使用することによって短時間で確実に筋膜を元の位置に戻すことができます。

筋膜リリース

 

この方法と同時に神経に直接アプローチできる「近赤外線レーザー法」で自律神経をしっかりと整えていきます。

肩こりは軽くても重くてもどちらでもすごく辛い症状です。

長い間肩こりが強く、諦めているという方はもちろん、いろいろな場所に通ってみたけど良くならなかったとう方もぜひ当院にお越しください。

必ず今の状態よりもよくしてみせます!

少しでも気になった、聞きたいことがあるという方もぜひ当院にお問い合わせください。

一緒に肩こりをよくしていきましょう。

3月10日のお休みのお知らせ(筋膜リリース臨床研究発表会参加により)

メディセル筋膜リリース筋膜吸引法

メディセル

今月は筋膜リリース関係で2回もお休みして大変申し訳ございません。

今年もメディセル療法(筋膜リリース吸引療法)の臨床研究発表会へ行ってきます。

今回で2回目となりなんと2日に渡り行われます。

2日間、座りっぱなしなので、思うだけでも大変です。

今回もテーマはコンディショニングです。

現在、多くのトップアスリートがメディセルを使いコンディションを整えています。

今回も楽しいお話が聞けると思うと大変楽しみです。

しつかりメディセル仲間と交流と情報交換をしてきます。

又、後日ご報告せせて頂きます。

(当院の筋膜リリースのぺージももっと充実しなきゃいけないと思いますが、何分自分で作ってますので、遅くなってしまい申し訳ございません)

熊本市内で頭痛にお悩みの方はぜひ当院へ

寒い時期も終わり、そろそろ本格的に春がやってきそうですね。

暖かくなるのでうれしい気持ちになるかと思いますが、実は季節の変わり目は体調を崩しやすい季節にもなるのです。

特に、だるさや頭痛を感じる方は非常に多いと言われています。

今回は頭痛が起きるメカニズムと、当院での治療法についてお話していきます。

 

頭痛の種類と原因

頭痛

大人の方は、1度は絶対体験したことがあるのではないでしょうか?

なんとなく頭が痛いなーと感じるものから痛すぎて動けないなんて感じる頭痛まであり、痛さや頭痛の症状は人それぞれです。

頭痛には大きく分けて2つの種類があり、

  • 命に別条のないもの
  • 命に関わるもの

というくくりで分けられていて、大体の我慢できる頭痛は命に別条がないものといわれています。

みなさん、偏頭痛や緊張性頭痛、お天気頭痛などという名前の病気を聞いたことがありませんか?こういった名前のものが俗にいう「命に別状はない頭痛」になります。

では、詳しく病状を見ていきたいと思います。

 

偏頭痛

頭痛の特徴として「ズキズキ」「ドクドク」と波を打つような痛みが頭の片方に半日から3日続きます。

偏頭痛は起きる前に前兆があると言われていて目の前がチカチカしたり視界が遮られることがあります。

痛みのピークになると吐き気や実際に吐いてしまう事もある非常に厄介な頭痛です。

原因は何らかの原因で血管が急激に拡張することで、天気や緊張、ストレス、肩こりなどが原因で発症する場合がります。

緊張型頭痛

偏頭痛と明らかに違うのはぎゅっと頭を締め付けられるような痛みを伴うことです。

30分~7日と長く続くことがあり、頭に限らず首や肩などに痛みが出る場合があります。

原因は疲労や肩こり、身体的ストレス、精神的ストレスが大きく影響してくると言われていてじわじわと長い頭痛が続きます。

姿勢も影響をしてきて、長時間パソコンをいじっていたり運転をすることによって頭痛が誘発されてしまいます。

酷いとめまいを起こしたおれてしまうこともあるこちらも厄介な頭痛のひとつです。

 

この2つの種類の頭痛に共通している原因は、肩こりとストレスです。

2つの原因を取り除いてあげることによって頭痛は緩和してきます。

でも、肩こりとストレスを同時に緩和する方法なんてあるの?なんて思う方がいるかもしれませんが、大丈夫です。当院ではそれが可能なのです。

では、当院が行っている治療ついて説明していきましょう。

 

頭痛への治療法

当院が頭痛を治すときに注意しているのは1つだけではありません。

  • 筋肉
  • 筋膜
  • 神経
  • 血流

この4つに大きく注目をして治療を行っていきます。

 

筋肉

まず1つ目の筋肉に働きかける治療法についてみていきたいと思います。

筋肉へのアプローチは手療法で行います。

頭の周りの筋肉を揉みほぐしてあげることで筋肉の緊張が取れて痛みが緩和します。

筋膜

2つ目の筋膜へのアプローチは機械を使用しておこないます。

筋膜とは、全身の細胞や組織を包む役割をしている膜のことで、骨や筋肉を結合して体を支えています。

この筋膜が固まっていると慢性的な肩こりを起こしたり、頭痛に繋がっていったりします。

筋膜が固まってしまうとなかなか手で行うもみほぐしだけでは元の位置には戻らないので、機械を使用して確実に筋膜を元に戻していきます。

使う機械はこちら!

 

メディセル筋膜リリース

筋膜リリース

この機械は熊本市の整骨院の中で当院でしか取り入れていない治療方法で、

この機械を使用することによって人の手では届かないところの凝りまでほぐすことができるのです。

頭痛や肩こりが繰り返される方やあまりよくならない方は是非この方法を試してみてください。

普通の施術方法との違いをしっかりと感じられるかもしれませんよ!

神経

3つ目の神経へアプローチしていく方法を説明します。

神経は直接触ることのできないものです。

なので、神経に直接アプローチすることは非常に難しいですが当院では、それが可能な機械を導入して治療をおこなっています。

近赤外線レーザーは、体の奥まで特殊な光を届けることができる機械で、神経興奮や血管の拡張をおさえることができる最新の治療機械です。

光の治療なので全く痛みはなく、安全で副作用などもでない優れた機械です。

小さなお子様からお年寄りまでの幅広い年齢層に治療を行うことができるため頭痛だけではなく多くのケガの治療として活躍をしています。

血流

最後に4つ目の血流をよくする治療法について説明します。

血流は今まで説明してきた治療法どれも効きます。

しかし、少し効いただけではだめだと考えており、確実に血の流れをよくすることによって頭痛が和らぎ、首や肩の緊張も取れていくと考えています。

血流をよくするアイテムはこちらです。

 

ラジオ波

ラジオ波

このラジオ波を体に当てることで冷えや代謝の悪さを改善し、血液が流れやすくする体を作ります。

代謝が上がることで体の老廃物が流れ、頭痛に関わらず「むくみ」や「ダイエット」にも効果があると言われています。

 

 

以上の4つの方法でつらい頭痛を当院では治療していきます。

もう、薬に頼る生活やめませんか?当院では治療と同時に体質改善も行っています。

頭痛だけではなくしっかりと体を元から直していって一緒に健康な体を作っていきましょう!

 

※頭痛の中には命に関わるものがあります。

いつもより鋭い痛み、強い吐き気、言葉が出ないなどの症状がある場合は、速やかに病院に行き専門の先生に診てもらい検査を行ってください。

 

 

勉強会(スーパーライザーPX・星状神経節照射療法)

近赤外線レーザー

眼科領域の応用について

午後にスーパーライザーPXの勉強会もありました。

今回は星状神経節直線偏光近赤外線照射療法の眼科領域での応用として全国から眼科医の方々がお見えになっていました。

ちょっと場違いと思いましたが、眼科で長年に渡り研究と実績を重ねられ臨床経験豊富な先生のお話しを聞けるチャンスなので出席させて頂きました。

『光線療法を使用した眼科における最新の治療法』の中で飛蚊症や緑内障の照射についての効果をお聞きしました。

緑内障の方は多くいらっしゃると思います。お困りの方は是非先生の所を訪ねられたらいいと思います。(九州の先生です)

 

ペインクリニックでの治療について

もう一つの題材は、ペインクリニックでの治療(星状神経節ブロック)

についてのものでした。

ペインクリニックの先生のお話しを聞く事が出来きました。

又、私の日頃より疑問に思っている事をお聞きする事ができて本当に良かったです。

大変勉強せせて頂きありがとうございました。

熊本県熊本市南区の藤川整骨院&整体研究所ではこれからも、少しでも患者さんの痛みや不調が改善されるよう今後とも研鑽して参ります。

院名藤川整骨院&整体研究所
住所〒861-5255
熊本県熊本市南区砂原町70-4
最寄駅産交バス 八分字バス停前
JR熊本西駅
電話番号藤川整骨院 096-227-3715   
整体研究所 096-223-6188
受付時間月曜日〜金曜日 午前8:30〜11:40   
午後14:00〜19:30
土曜日 午前 8:30〜13:00
定休日日曜日・祝祭日
駐車場約21台分
代表 藤川孝徳
トップに戻る
リストから選択して電話発信
藤川整骨院
096-227-3715
整体研究所
096-223-6188
閉じる